授業ノート-病理学01
「まえいき」トップページ> 授業ノート> 病理学01
-LESSON1 病理学とは-
 病理学では、病気の本態をあきらかにしていきます。

 具体的には、
1.病因:何が原因となって
2.発生機序:どのようにして
3.病変:どのような状態になるか
4.予後:その結果
 の4つについて、形態・機能の両面から実態を研究する学問です。
-LESSON2 病因論(内因)-
 病因(病気の原因)は内因、外因に分けられます。
病因の分類
内因 生体の内部に存在する種々の要因
外因 生体外部から生体に向かって作用するもの
生体内に入り込んで作用するもの
 まずは内因です。内因は7つ考えられます。

1.素因
 a.年齢要因
  ・小児:麻疹、水痘
  ・高齢者:動脈硬化症、高血圧、癌
 b.性要因
  ・女性:全身性エリテマトーデス、乳癌
  ・男性:狭心症、前立腺癌
 c.人種要因
  ・白人:皮膚癌、悪性黒色腫
 d.臓器・組織要因(好発部位)
  ・大腸:赤痢
  ・小腸:腸チフス、コレラ
  ・肺、リンパ節:結核症

2.体質:個人による体質の違い

3.遺伝:遺伝子や染色体の異常

4.免疫:免疫応答

5.アレルギー:抗原抗体反応の程度が激しいとき

6.内分泌異常
 ・ホルモンの異常:巨人症、小人症、末端肥大症

7.酵素異常:酵素欠如による代謝疾患
-LESSON3 病因論(外因)-
1.物理的因子
 a.機械的因子
  ・機械的外力による損傷:切創、刺創、裂創、骨折、銃創、咬創
 b.温熱的因子
  ・高温:火傷・熱傷(4段階)、日射病、熱射病
  ・低温:凍傷(3段階)、凍死
 c.気圧変動による障害
  ・潜函病(潜水夫病、減圧症)、高山病、鼓膜破裂、内耳障害
 d.光線による障害
  ・光線性皮膚炎など(癌化すると皮膚癌や悪性黒色腫になります)
 e.放射線による障害
  ・突然変異、癌化
 f.電気による障害
  ・感電、落雷

2.化学的因子(化学物質により、接触性障害や中毒がおこる)
 a.化学的原因物質
  ・腐蝕剤:蛋白質の変性
  ・有毒ガス:一酸化炭素中毒
  ・重金属(有機水銀):水俣病(中枢運動障害)
  ・重金属(カドミウム):イタイイタイ病(骨の変化萎縮、軟骨化、疼痛)
  ・重金属(ヒ素):神経障害
 b.有機溶媒による中毒
  ・シンナー:中枢抑制作用があり、意識障害、呼吸障害をおこします
  ・ベンゼン:造血組織障害
 c.薬物による中毒
  ・ストレプトマイシン:難聴
  ・キノホルム:スモン病
  ・クロロキン:網膜症
  ・テトラサイクリン:歯の変色
 d.食中毒
  ・細菌毒素によるもの

3.生物的因子
 a.病原微生物
  ・細菌感染症:化膿性炎(ブドウ球菌、レンサ球菌)、ジフテリア、赤痢、肺炎
  ・真菌症(カビ):カンジダ症、放線菌症、アスペルギルス症
  ・スピロヘータ:梅毒、ワイル病、回帰熱
  ・リケッチア:発疹チフス、発疹熱
  ・ウイルス:麻疹、風疹、ヘルペス、肝炎、日本脳炎、狂犬病、インフルエンザ、ポリオ
  ・クラミジア:トラコーマ、オウム病、鼠径リンパ肉芽腫
 b.寄生虫
  ・原生動物、線形動物、扁形動物

4.栄養の異常
 a.栄養過剰:肥満
 b.栄養不足:栄養失調症、飢餓、るいそう
重要な栄養素欠乏症による障害
ビタミンA 夜盲症、粘膜乾燥症
ニコチン酸 ペラグラ
ビタミンB1 脚気、多発性神経性炎
ビタミンB2 口角炎、舌炎
ビタミンB12 悪性貧血
ビタミンC 壊血病
ビタミンD くる病、骨軟化症
ビタミンK 血液凝固障害
無機塩類
(ミネラル)
カリウム 心停止
カルシウム、リン 骨・歯の形成不全
ヘモグロビン形成不全
ナトリウム 体液の浸透圧異常