溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)予防方 法
MENU

HOME

溶連菌感染症っ て何?

症状

治療

潜伏期間

大人への感染

子供への感 染

注意すること

予防方法

免疫力をあげるに は?

リンク[子供の感染 症]
■溶連菌について。
■突発性発疹について。
■手足口病について。
■感染性胃腸炎について。
■プール熱について。
■マイコプラズマ肺炎につい て。
その他お役立ちリン ク
中古ブランド子供服リサイクル
ぱ ぱっとできる簡単お料理レシピ
高 齢化社会と自宅介護
スポンサードリンク

 

スポンサードリンク





●溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)の予防方法

簡単なことですが溶連菌感染症に感染した人のそばに
行かせないこと。
家族でしたら同じコップや食器の共用は避ける。
予防接種はありません。
外出後、手洗いやうがいをすることで予防できます。

子供の学校や保育所で流行している場合は、
流行が広がらないよう感染対策を取ってもらうことも重要です。

以前まで3歳から17歳までの同居の子供(兄弟)がいればその子供は
感染していなくても予防的に抗生物質が処方されていましたが
ここ、最近では症状が出ていない兄弟は薬を投与しなくて良くなったそうです。
しかし、吐き気や、喉の痛み、熱など心配な症状があればすぐに小児科に
かかりましょう。
心配でしたら抗生物質を処方してくれるとおもいます。
免疫力の低下する季節の変わり目には特に注意しましょう。


シックハウス予防に、脱・化学物質のエコ除菌液

赤ちゃんの身の回り除菌は、脱・化学物質のエコ除菌液

O157やサルモネラ菌にも対抗する、業務用エコ除菌液

加湿器のカビ除菌に、脱・化学物質のエコ除菌液

ペットの除菌に、食品添加物由来のエコ除菌液

グレープフルーツの種から生まれたエコ除菌液【ディフェンドウォーター】

 


CopyRight(C) 溶連菌感染症について

SEO アクセスアップ