溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)って 何?
MENU

HOME

溶連菌感染症っ て何?

症状

治療

潜伏期間

大人への感染

子供への感 染

注意すること

予防方法

免疫力をあげるに は?

リンク[子供の感染 症]
■溶連菌について。
■突発性発疹について。
■手足口病について。
■感染性胃腸炎について。
■プール熱について。
■マイコプラズマ肺炎につい て。
その他お役立ちリン ク
中古ブランド子供服リサイクル
ぱ ぱっとできる簡単お料理レシピ
高 齢化社会と自宅介護
スポンサードリンク

 

スポンサードリンク





●溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)って何?

”溶血性連鎖球菌”の略です。
溶連菌(A群β溶血性連鎖球菌の略称)が喉や皮膚に感染し起こる病気。
溶連菌感染症の一般的な症状は風邪に似ていて、
症状で高熱やのどの痛みで始まる。
赤い発疹が全身に出ることもある。

溶連菌感染症に感染すると、
咽頭炎、偏桃炎だけでなく中耳炎・リンパ節炎・とびひなど
化膿性の病気やショウコウ熱になったりする事になることもある。
初期症状は風邪に似ていて治療がおくれることがあるが、
抗生物質の投与が必要。
処方された薬は必ず指示どおりすべて飲みましょう。
喉が痛くなるため食事や飲み物がとれなくなることがありますが
離乳食は無理じいせず、のどごしの良いものを
用意し脱水に気を付けましょう。
一般的には赤ちゃんには感染せず、
幼児・学童が溶連菌感染症の感染の中心です。

溶連菌感染症そのものよりも合併症のほうが怖い病気です。
薬を飲み終えてから2〜4週間後に合併症は現れます。
急性腎炎、リウマチ熱、アレルギー性紫斑病などの合併症がよく知られています。

抗生物質を2週間飲み終えた2週間後に再度受診し
尿検査を行い、合併症の疑いがないか必ず検査するようにしてください。
2週間たたなくとも顔のむくみや関節痛、血尿、動悸、息切れ、など
いつもとかわったことがあればすぐに小児科の先生に相談してください。

 

シックハウス予防に、脱・化学物質のエコ除菌液

赤ちゃんの身の回り除菌は、脱・化学物質のエコ除菌液

O157やサルモネラ菌にも対抗する、業務用エコ除菌液

加湿器のカビ除菌に、脱・化学物質のエコ除菌液

ペットの除菌に、食品添加物由来のエコ除菌液

グレープフルーツの種から生まれたエコ除菌液【ディフェンドウォーター】

 


CopyRight(C) 溶連菌感染症について

SEO アクセスアップ