溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)潜伏期 間

MENU

HOME

溶連菌感染症っ て何?

症状

治療

潜伏期間

大人への感染

子供への感 染

注意すること

予防方法

免疫力をあげるに は?

リンク [子供の感染症]
■溶連菌について。
■突発性発疹について。
■手足口病について。
■感染性胃腸炎について。
■プール熱について。
■マイコプラズマ肺炎につい て。
その他 お役立ちリンク
中古ブランド子供服リサイクル
ぱぱっとできる簡単お料理レシピ
高齢化社会と自宅介護
スポン サードリンク

 

スポンサードリ ンク





●溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)潜伏期間

近くでしゃべったりするときに、飛沫感染が一般的ですが
食品や飲料水による経口感染や皮膚にある傷からの感染もあります。

溶連菌感染症が感染し、その症状がでるまで2日〜5日だと言われています。

もっともかかりやすい年齢は幼児から学童期ですが大人でも感染しますので
油断は禁物です。

また、溶連菌感染症の細菌の毒素によって引き起こされる
リウマチ熱、急性糸球体腎炎などの合併症は2週間から3週間で現れます。
かならず薬を飲み終え、2週間後に尿検査を受けましょう。
溶連菌感染症よりも合併症のほうが怖い病気です。
免疫力の低下する季節の変わり目や妊婦さんは特に注意が必要です。

シックハウス予防に、脱・化学物質のエコ除菌液

赤ちゃんの身の回り除菌は、脱・化学物質のエコ除菌液

O157やサルモネラ菌にも対抗する、業務用エコ除菌液

加湿器のカビ除菌に、脱・化学物質のエコ除菌液

ペットの除菌に、食品添加物由来のエコ除菌液

グレープフルーツの種から生まれたエコ除菌液【ディフェンドウォーター】

 


CopyRight(C) 溶連菌感染症について

SEO アクセスアップ