溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)子供へ の感染
 
MENU

HOME

溶連菌感染症っ て何?

症状

治療

潜伏期間

大人への感染

子供への感 染

注意すること

予防方法

免疫力をあげるに は?

リンク[子供の感染 症]
■溶連菌について。
■突発性発疹について。
■手足口病について。
■感染性胃腸炎について。
■プール熱について。
■マイコプラズマ肺炎につい て。
その他お役立ちリン ク
中古ブランド子供服リサイクル
ぱ ぱっとできる簡単お料理レシピ
高 齢化社会と自宅介護
スポンサードリンク

 

スポンサードリンク





●溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)の子供への感染

子供でもっとも感染しやすいのは5歳から10歳と言われています。
しかしそれ前後の年齢でも感染はあります。
兄弟でしたら50%の確立で感染します。

母親からの移行抗体が泣くなり免疫力が落ちる3歳以下の幼児場合、
感染しても一般的な風邪と区別がつきにくく、治療が遅れることがあります。
長引く熱やのどの痛み、発疹などがあったら早めに小児科に受診しましょう。
兄弟や幼稚園・学校で近くに溶連菌感染症の子供がいたら注意して様子をみてください。
当てはまる症状があれば小児科で受診し、治療 をしてください。

治療が遅れると周りの子供に感染します。
溶連菌感染症にかかったら医師の指示に従い、幼稚園や学校は出席停止になります。
自宅で充分安静にしてください。

痒みやのどの痛みは小さいお子様には辛い症状です。
のど越しのいいものに切り替え、症状のひどい場合は落ち着くまで
離乳食が食べれない場合は一旦お休みにしてもやむをえないと思います。

皮膚を掻きむしり、傷つくことがないよう気をつけてあげましょう。
皮膚は清潔を保ち、汗を掻かないような工夫も必要です。

溶連菌感染症よりも合併症のほうが怖い病気です。
処方箋をよく読み薬は最後まで続け、指示された期間に必ず尿検査を受けましょう。

 

シックハウス予防に、脱・化学物質のエコ除菌液

赤ちゃんの身の回り除菌は、脱・化学物質のエコ除菌液

O157やサルモネラ菌にも対抗する、業務用エコ除菌液

加湿器のカビ除菌に、脱・化学物質のエコ除菌液

ペットの除菌に、食品添加物由来のエコ除菌液

グレープフルーツの種から生まれたエコ除菌液【ディフェンドウォーター】

 


CopyRight(C) 溶連菌感染症について

SEO アクセスアップ