溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)注意す ること

MENU

HOME

溶連菌感染症っ て何?

症状

治療

潜伏期間

大人への感染

子供への感 染

注意すること

予防方法

免疫力をあげるに は?

リンク[子供の感染 症]
■溶連菌について。
■突発性発疹について。
■手足口病について。
■感染性胃腸炎について。
■プール熱について。
■マイコプラズマ肺炎につい て。
その他お役立ちリン ク
中古ブランド子供服リサイクル
ぱ ぱっとできる簡単お料理レシピ
高 齢化社会と自宅介護
スポンサードリンク

 

スポンサードリンク





●溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)で注意すること
冬から春にかけて多くみられる感染症です。子供はもちろん、大人にも感染する病気です。
気温が上下し、免疫力が低下する季節の変わり目に注意しましょう。

★熱がある場合
一般的な発熱時と同様に体を冷し、
脱水症状を起こさないよう気をつけましょう。

★のどが痛い場合
食事は刺激が少なく、やわらかいものを与えます。
水分が不足すると脱水症状をおこしますので
少量でもこまめにとるようにしましょう。

★発疹があり痒みがある場合
掻き壊さないように注意。
熱や咳がなければシャワーを浴びます。
そのとき、刺激の強い石鹸は避け、低刺激のものを使用します。
ごしごしこすらず優しく洗います。
衣類も刺激の少ない綿のものでやわらかいものを使用しましょう。
室温があがり、汗をかくと痒みは増します。
室温に充分注意が必要。

■薬は処方箋に従いすべて飲みましょう。
自己判断で中止することは合併症を引き起こす原因になります。
また、薬を飲み終えてから約2週間後に尿検査をうけ溶連菌感染症の合併症がないか
確認しましょう。

 

シックハウス予防に、脱・化学物質のエコ除菌液

赤ちゃんの身の回り除菌は、脱・化学物質のエコ除菌液

O157やサルモネラ菌にも対抗する、業務用エコ除菌液

加湿器のカビ除菌に、脱・化学物質のエコ除菌液

ペットの除菌に、食品添加物由来のエコ除菌液

グレープフルーツの種から生まれたエコ除菌液【ディフェンドウォーター】

 


CopyRight(C) 溶連菌感染症について

SEO アクセスアップ