溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)治療方 法


 

MENU

HOME

溶連菌感染症っ て何?

症状

治療

潜伏期間

大人への感染

子供への感 染

注意すること

予防方法

免疫力をあげるに は?

リンク[子供の感染 症]
■溶連菌について。
■突発性発疹について。
■手足口病について。
■感染性胃腸炎について。
■プール熱について。
■マイコプラズマ肺炎につい て。
その他お役立ちリン ク
中古ブランド子供服リサイクル
ぱ ぱっとできる簡単お料理レシピ
高 齢化社会と自宅介護
スポンサードリンク

 

スポンサードリンク





●溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)の治療方法

まずは病院へき、溶連菌感染症の疑いがあると喉に長い綿棒を入れ粘液をとり検査。

溶連菌感染症検査で陽性がでたら抗生物質の内服をします。
下痢等になる場合もあるので一緒に胃腸薬も処方されることがあります。
薬をのんで数日で熱は下がり、症状もかるくなりますが、体内の細菌を
きちんとすべて退治するために2週間ほど抗生物質を飲まなくてはいけません。

熱がある時はアイスノンで冷し、脱水症状を起こさないように水分を十分に
取るよう心がけましょう。

皮膚のかゆみがひどいときはかゆみ止めの飲み薬が処方されます。
抗生剤を飲んでいない家族とのコップの共用はやめましょう。

家庭では安静にすること。食事は消化のいいものに、うがいはこまめにしましょう。
イソジンなどうがい薬を使うとより効果があります。食事前にもうがいを。

熱がなく、元気があるのでしたら入浴も可能。症状が消えても2週間は
安静を心がけること。通常薬をのんで24時間経ち、子供の元気があるようでしたら
学校や幼稚園に行っても大丈夫だそうですがこれも医師の指示に従いましょう。

自己判断で服用を中止すると免疫力が弱くなったときに体内に残っていた細菌から再発したり、
また、急性腎炎、リウマチ熱、アレルギー性紫斑病などの合併症を
引き起こす原因になります。
溶連菌感染症はその病気自体よりも合併症のほうが怖いとされています。

薬を飲み終えて2週間後くらいにもう一度小児科に受診するよう指示があるとおもいます。
そのときは尿検査を行い、合併症の疑いがないか必ず検査し、
顔のむくみや関節痛、血尿、動悸、息切れ、など
いつもとかわったことがあればすぐに小児科の先生に相談してください。

以前まで3歳から17歳までの同居の子供(兄弟)がいればその子供が
病気に感染していなくても抗生物質が処方されていましたが
ここ、最近では症状が出ていない兄弟は薬を投与しなくて良くなったそうです。
しかし、吐き気や、喉の痛み、熱など心配な症状があればすぐに小児科に
かかりましょう。

 

シックハウス予防に、脱・化学物質のエコ除菌液

赤ちゃんの身の回り除菌は、脱・化学物質のエコ除菌液

O157やサルモネラ菌にも対抗する、業務用エコ除菌液

加湿器のカビ除菌に、脱・化学物質のエコ除菌液

ペットの除菌に、食品添加物由来のエコ除菌液

グレープフルーツの種から生まれたエコ除菌液【ディフェンドウォーター】

 


CopyRight(C) 溶連菌感染症について

SEO アクセスアップ