突発性発疹の症状について。
MENU

HOME

突発性発疹
(とっぱつせいほっしん)って何?


症状

治療

潜伏期間

大人への感染

子供への感染

注意すること

予防方法

リンク[子供の感染症]
■溶連菌感染症について。
■突発性発疹について。
■手足口病について。
■感染性胃腸炎について。
■プール熱について。
■マイコプラズマ肺炎について。
スポンサードリンク


スポンサードリンク


●突発性発疹(とっぱつせいほっしん)の症状

急に38度以上の高熱を出します。
その際熱性けいれん を起こすこともあります。
熱は3〜4日で下がってきますがそのあとにお腹や背中,胸を中心に赤い発疹がでます。
発疹は2〜3日でおさまります。

突発性発疹は高熱のわりに機嫌がよく、元気があります。

小児科に受診し、その症状に合ったお薬を処方してもらってください。

突発性発疹の高熱時には水分補給をマメにし脱水症状が起こらないよう気をつけます。
また下痢をすることもありますが整腸剤をだしてもらい、
消化のいい食べ物を与えてください。
ただ、まだ離乳食もほとんど取っていない赤ちゃんの場合は
ミルクや母乳である程度の水分もとれますし消化もいいです。


 

身長の伸びに悩んでいるかたはこちら

 


CopyRight(C) 突発性発疹について

SEO アクセスアップ