プール熱(咽頭結膜熱)の予防方法について
MENU

HOME

プール熱(咽頭 結膜熱)って何?

症状

治療

潜伏期間

大人への感染

子供への感 染

注意すること

予防方法

リンク[子供の感染 症]
■溶連菌感染症につ いて。
■突発性発疹について。
■手足口病について。
■感染性胃腸炎について。
■プール熱について。
■マイコプラズマ肺炎につい て。

スポンサードリンク

 
●プール熱(咽頭結膜熱)の日常生活での予防方法

プール熱(咽頭結膜熱)はワクチンがありません。

プール熱はプールで感染することでその名前がつけられたが
プールでなくともくしゃみなど飛沫感染や、排泄物を通じて感染する。
こういったプール以外での感染に対する予防は、
出かけた後の手洗いうがいが有効。

基本的なことですがプール熱の子と接触させない。

●プール熱のプールでの予防方法

プールでの感染予防はプールの塩素消毒である程度予防できます。
その他個人でできることはプール使用後の体の洗浄、目の洗浄、手洗い、うがいです。

●家庭内での予防方法

家族の中でプール熱の患者が出た場合、何をしたらいいのでしょう?
手洗いうがいはもちろん必要です。
そのほか目やににアデノウイルスは含まれますので
使用タオル・洗面器・食器は共用しないこと。
使用後の洗浄も他のもの分けましょう。

●プール熱に感染しない体力・体質をつくる

もともと人間の体にはウイルスや細菌などの異物に対し攻撃 し、食べてしまう細胞がある。
免疫細胞とよばれるそれらの細胞は異物から体を守ってくれる。
しかし、現代の日本人は昔とはライフスタイルもかわり、食生活や環境・ストレスにより
免疫力が下がっている。その例がアトピー性皮膚炎や花粉症の増加です。
ここ数年でアレルギー性の病気が大変増えています。

ウイルスなど異物が体内に侵入したときに免疫細胞よりも先に
体を守るのは粘膜や皮膚です。そしてプール熱を含め、様々な感染症のほとんどは
粘膜から感染しますので粘膜を強くすることはつまり感染症から身を守る最大の予防
方法といっていいのではないでしょうか?

そのためには食事に気を付けライフスタイルを見直してみましょう。

 
アトピー肌・トラブル肌専用無添加の手作り製法「洗顔石鹸」ショコラドバー ン
お子さんの低身長にお悩みのお母さんへ
ケボ&モッチと遊ぼう!NHK教育テレビ「えいごであそぼ」関連教材
ママのための会員ネットワーク『so─ken』
無料会員キャンペーン実施中 応募者全員にプレゼント!

化学物質を一切含まないエコ除菌液【ディフェンドウォーター】
TBSで人気の10歩ダイエットのウェア

 


CopyRight(C) プール熱について

SEO アクセスアップ