プール熱(咽頭結膜熱)の潜伏期間について
MENU

HOME

プール熱(咽頭 結膜熱)って何?

症状

治療

潜伏期間

大人への感染

子供への感 染

注意すること

予防方法

リンク[子供の感染 症]
■溶連菌感染症につ いて。
■突発性発疹について。
■手足口病について。
■感染性胃腸炎について。
■プール熱について。
■マイコプラズマ肺炎につい て。

スポンサードリンク

 
●プール熱(咽頭結膜熱)の潜伏期間

プール熱は便や目やにからのアデノウイルスウイルスに感染してから
潜伏期間が5日〜7日あります。
アデノウイルスはプールでよく感染します。
プールから上がったら手洗い・うがい・目や体の洗浄はきちんとしましょう。
プール以外でもくしゃみなどによる飛沫感染もあります。
高熱が急に出たり頭痛、のどの痛みなど一般の風邪のような症状のほかに
結膜炎、扁桃腺が腫れるなど併発します。

症状がすべておさまってからもアデノウイルスは体内に3週間ほど留まります。
プールに入るのは他への感染防止を考え、完治から3週間後にしましょう。
 
アトピー肌・トラブル肌専用無添加の手作り製法「洗顔石鹸」ショコラドバー ン
お子さんの低身長にお悩みのお母さんへ
ケボ&モッチと遊ぼう!NHK教育テレビ「えいごであそぼ」関連教材
ママのための会員ネットワーク『so─ken』
無料会員キャンペーン実施中 応募者全員にプレゼント!

化学物質を一切含まないエコ除菌液【ディフェンドウォーター】
TBSで人気の10歩ダイエットのウェア

 


CopyRight(C) プール熱について

SEO アクセスアップ