マイコプラズマ肺炎って何?
MENU

HOME

マイコプラズマ 肺炎って何?

症状

治療

潜伏期間

大人への感染

子供への感 染

注意すること

予防方法

リンク[子供の感染 症]
■溶連菌感染症につ いて。
■突発性発疹について。
■手足口病について。
■感染性胃腸炎について。
■プール熱について。
■マイコプラズマ肺炎につい て。
スポンサードリンク

スポンサードリンク



●マイコプラズマ肺炎って何?

マイコプラズマ・ニューモニアという微生物による肺炎。
異型肺炎とも呼ばれることもある。
比較的元気はあるが鼻水や咳と伴に高熱が出る。
マイコプラズマ・ニューモニアは細菌とウイルスの中間の性質をもち細胞壁のない微生物。
マイコプラズマが感染し肺炎を起こす。


一般的な風邪の症状の鼻水や熱は出る場合と出ない場合がありますが
場合によっては39度から40度の高熱が続く場合があります。
また、咳がしつこく、長いと1ヶ月以上続く場合もあります。
その割には元気もあるのでレントゲンをとるまでは肺炎であることに
気が付かないこともあります。
血液検査をして陽性がでて始めてわかることもあります。

入院が必要になることもあります。

感染のピークは赤ちゃんよりは5歳から10歳くらいまでの子供がかかりやすい。

 

アトピー肌・トラブル肌専用無添加の手作り製法「洗顔石鹸」ショコラドバー ン
お子さんの低身長にお悩みのお母さんへ
ケボ&モッチと遊ぼう!NHK教育テレビ「えいごであそぼ」関連教材
ママのための会員ネットワーク『so─ken』
無料会員キャンペーン実施中 応募者全員にプレゼント!

化学物質を一切含まないエコ除菌液【ディフェンドウォーター】
TBSで人気の10歩ダイエットのウェア

 


CopyRight(C) マイコプラズマ肺炎について

SEO アクセスアップ