マイコプラズマ肺炎の子供への感染
MENU

HOME

マイコプラズマ 肺炎って何?

症状

治療

潜伏期間

大人への感染

子供への感 染

注意すること

予防方法

リンク[子供の感染 症]
■溶連菌感染症につ いて。
■突発性発疹について。
■手足口病について。
■感染性胃腸炎について。
■プール熱について。
■マイコプラズマ肺炎につい て。
スポンサードリンク

スポンサードリンク



●マイコプラズマ肺炎の子供への感染

幼稚園や学校など閉鎖された空間で4〜7年毎に流行すると言われています。
オリンピックの年に流行ることからオリンピック病と呼ばれていたこともありますが
現在ではその周期性はなく、通年流行するようになってきたようです。

赤ちゃんにはあまり感染せず、5歳以上の子供に感染します。
免疫ができにくいので、一度感染したらもう感染はしないということはなく
何度も感染することもあります。

痰や咳による飛沫感染によって広がり、高熱・激しい咳を伴います。
無治療で2〜3週間で完治するようですが子供は体力もないですし
なにより辛い期間を少しでも短くするために抗生剤を投与します。

抗生剤は一般的によく使用されるペニシリン系は効果がなくマクロライド系が使われる
事が多いようです。

お薬は処方箋にかかれたとおり正しく服用しましょう。
自己判断で途中でやめると再発し、治りが悪くなります。

●さまざまな合併症

マイコプラズマ感染症はさまざまな合併症が報告されており、
中でも胸に水がたまる胸膜炎、比較的稀におこる脳炎や髄膜炎には注意が必要です。
少しでも変わった様子があればすぐに医師と相談し適切な対応をしましょう。
 

アトピー肌・トラブル肌専用無添加の手作り製法「洗顔石鹸」ショコラドバー ン
お子さんの低身長にお悩みのお母さんへ
ケボ&モッチと遊ぼう!NHK教育テレビ「えいごであそぼ」関連教材
ママのための会員ネットワーク『so─ken』
無料会員キャンペーン実施中 応募者全員にプレゼント!

化学物質を一切含まないエコ除菌液【ディフェンドウォーター】
TBSで人気の10歩ダイエットのウェア

 


CopyRight(C) マイコプラズマ肺炎について

SEO アクセスアップ