[PR] 豊胸
マイコプラズマ肺炎の治療方法
MENU

HOME

マイコプラズマ 肺炎って何?

症状

治療

潜伏期間

大人への感染

子供への感 染

注意すること

予防方法

リンク[子供の感染 症]
■溶連菌感染症につ いて。
■突発性発疹について。
■手足口病について。
■感染性胃腸炎について。
■プール熱について。
■マイコプラズマ肺炎につい て。
スポンサードリンク

スポンサードリンク



●マイコプラズマ肺炎の治療方法と抗生剤

一般的に自然治癒に任せる傾向がありますが抗生剤で発熱や咳、肺炎の治癒を
早めることができます。
マイコプラズマは細胞壁をもたない。
通常良く使用されるペニシリンは細胞壁合成阻害剤のためマイコプラズマ肺炎に対する
効果が期待できない。
そのためたんぱく質合成を阻害する抗生剤が処方されます。
なおかつ、子供に対し副作用の少ないものが選ばれます。

うちの子供の場合はマクロライド系(エリスロマイシン)が処方されていました。
大きい錠剤ですので小さい子には飲みにくいとおもいます。

●治療の経過

小児科で治療を始めて2週間ほどで咳や熱は静まり、レントゲンでの肺の影も
消えます。
重症のときは入院が必要になり、すこしでも影が残っていたり咳があったりした状態で
退院した子は戻ってきたりしていましたので最後まで完璧に治療しましょう。
うちの場合は10日ほど入院しました。他のマイコプラズマ肺炎の子供も同じくらい
もしくはそれ以上入院していたようです。

ウイルス性の感染症ほどでなないにしても他の子供にうつりますので
咳がひどいときは自宅で安静にしてください。
自宅でのケアは部屋を暖め、湿度を保ちましょう。
咳が収まったらあとは一般の風邪のように看病します。


 

アトピー肌・トラブル肌専用無添加の手作り製法「洗顔石鹸」ショコラドバーン
お子さんの低身長にお悩みのお母さんへ
ケボ&モッチと遊ぼう!NHK教育テレビ「えいごであそぼ」関連教材
ママのための会員ネットワーク『so─ken』
無料会員キャンペーン実施中 応募者全員にプレゼント!

化学物質を一切含まないエコ除菌液【ディフェンドウォーター】
TBSで人気の10歩ダイエットのウェア

 


CopyRight(C) マイコプラズマ肺炎について

SEO アクセスアップ