感染性胃腸炎(かんせんせいいちょうえん)の予防方 法
MENU

HOME

感染性胃腸炎っ て何?

症状

治療

潜伏期間

大人への感染

子供への感 染

注意すること

予防方法

リンク[子供の感染 症]
■溶連菌感染症につ いて。
■突発性発疹について。
■手足口病について。
■感染性胃腸炎について。
■プール熱について。
■マイコプラズマ肺炎につい て。


スポン サードリンク

 

スポンサードリ ンク



●感染性胃腸炎(かんせんせいいちょうえん)の予防方法

感染性胃腸炎の感染経路は感染者との接触、
あるいは汚染された食品による経口感染が多いです。
それを防ぐにはまず外出後の手洗いうがいを、徹底しいつも清潔でいることを
心がけます。

特に、排便後・調理前は石鹸で指の間、爪の間まで良く手を洗うことが
大切です。タオルも共用もしないほうがいいでしょう。


●感染性胃腸炎感染者の汚物の処理

子供や家族がノロウイルスなど感染性胃腸炎にかかっている場合、
便や嘔吐物を片付けなくてはならない場面があるとおもいます。
その際,決して汚物を素手でさわらずビニール手袋をはめるようにしましょう。
汚物のついたものは市販されている塩素系の漂白剤を薄めて消毒し
二次感染をふせぎましょう。
子供の衣類についたときは破棄できるものなら破棄しできないようなら
熱湯につけるなどして適切な消毒をしましょう。

数年前に感染性胃腸炎のなかの病原体のひとつノロウイルスが大流行したことがありました。
適切な対応をするかどうかによって家族全員への二次感染の危険度が
かわってきます。

●食品からの感染

ウイルスは熱で死滅します。
ウイルスに汚染されている可能性があるのであれば中心部までよく火を通します。
中心に85度以上1分以上の熱処理をくわえればウイルスは死滅し問題なくたべることが
できます。
生肉やすこし古くなった卵など適切な処理を施しおいしくいただきましょう。

●もっとも大事なこと

古くからのことわざで【一に養生、二に薬】というものがあります。
意味は
《体調が悪いときは栄養を取り休むのが一番良くすぐに薬に頼ってはいけない》
と、言う意味です.。

一番大事なことはウイルスや最近にまけない体作りです。
安心して使える食材 や、 お水は体を作る大事なものです。
それと同時に質のいい睡眠をたくさ んとること は 体の疲れを取り、
免疫力を向上させます。
普段の生活から健康に気を付け、病気に負けないよう心がけましょう。


 

 


CopyRight(C) 感染性胃腸炎について

SEO アクセスアップ