感染性胃腸炎(かんせんせいいちょうえん)の潜伏期 間
MENU

HOME

感染性胃腸炎っ て何?

症状

治療

潜伏期間

大人への感染

子供への感 染

注意すること

予防方法

リンク[子供の感染 症]
■溶連菌感染症につ いて。
■突発性発疹について。
■手足口病について。
■感染性胃腸炎について。
■プール熱について。
■マイコプラズマ肺炎につい て。


スポン サードリンク

スポンサードリ ンク
>


●感染性胃腸炎(かんせんせいいちょうえん)の潜伏期間

感染性胃腸炎はその病原体たくさんあります。
潜伏期間はその病原たいによって変わってきますが
短いもので6時間。長いもので10日も潜伏期間があります。
しかし、多くの場合1日から3日ほどで発症します。

主な症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、発熱。
発熱は37〜38度くらいです。症状はどれか一つのこともあれば
いくつか重なって出る場合もあります。

感染してから発症するまでの間、自覚症状はなくとも
他の人にうつす危険性はあります。

●感染経路
<人 から人へ>
手や手で触れたものを介し、感染者の嘔吐物・便の中に含まれるウイルスが
口に入り経口感染します。吐物によって飛沫感染し、潜伏期間中も感染します。

<食 品や水からの感染>
汚染された食品からの感染で一番多いのは貝類による感染です。
加熱が不十分なままたべると感染します。
あるいは、感染性胃腸炎の感染者が調理すると食品が汚染され
その食費を摂取することによって感染する場合もあります。


 

 


CopyRight(C) 感染性胃腸炎について

SEO アクセスアップ