感染性胃腸炎(かんせんせいいちょうえん)の子供へ の感染
MENU

HOME

感染性胃腸炎っ て何?

症状

治療

潜伏期間

大人への感染

子供への感 染

注意すること

予防方法

リンク[子供の感染 症]
■溶連菌感染症につ いて。
■突発性発疹について。
■手足口病について。
■感染性胃腸炎について。
■プール熱について。
■マイコプラズマ肺炎につい て。


スポン サードリンク




●感染性胃腸炎(かんせんせいいちょうえん)の子供への感染

感染性胃腸炎は年齢を問わず感染します。
幼稚園や保育園・学校では集団感染もありえます。

給食による食品からの感染もありますし、排便・嘔吐物から
飛沫感染・手洗いの不備による経口感染もあります。

また乳児にも感染します。
乳児の場合、下痢や嘔吐、発熱などいずれかの症状がでたら
すぐに小児科に受診しましょう。乳児は体力も抵抗力が大人ほどありません。
また体に保有している水分量も少ないため病気が急激に進むことがあります。
脱水症状が悪化し重症になることもあります。
命にかかわることもありますので脱水症状を軽く見ないようにしましょう。


幼児も同様です。
早めに治療をすることは二次感染の防止にもつながります。

 

 


CopyRight(C) 感染性胃腸炎について

SEO アクセスアップ