感染性胃腸炎(かんせんせいいちょうえん)につい て。
MENU

HOME

感染性胃腸炎っ て何?

症状

治療

潜伏期間

大人への感染

子供への感 染

注意すること

予防方法


リンク [子供の感染症]
■溶連菌について。
■突発性発疹について。
■手足口病について。
■感染性胃腸炎について。
■プール熱について。
■マイコプラズマ肺炎につい て。
健康リ ンク
五十肩改善法
脂肪燃焼筋肉トレーニング方 法
その他 お役立ちリンク
中古ブランド子供服リサイクル
ぱぱっとできる簡単お料理レシピ
高齢化社会と自宅介護
スポン サードリンク

スポンサードリ ンク



●感染性胃腸炎(かんせんせいいちょうえん)って知ってますか?

感染性胃腸炎とは細菌・ウイルスや寄生虫によって引き起こされる胃腸炎。
ノロウイルスやロタウィルスが有名。

さまざまな細菌・ウイルス・寄生虫が病原体となり発病します。
一例をあげると

  細菌性

腸 炎ビブリオ、サルモネラ、カンピロバクターなど

ウ イルス性

ノ ロウイルス、ロタウイルス、腸管アデノウイルスなど

  寄生虫

ク リプトスポリジウム、アメーバ、ランブル鞭毛虫など


通年発祥はありますが細菌性のものは夏。
ウイルス性は秋から冬頃と、その原因によって流行る時期がずれています。
冬に食中毒?と思われがちですが
ノロウイルスは一般に11月過ぎから流行します。
人から人へは集団感染ですが食品を通して感染すると食中毒となります。

子供から大人まで感染するが全体の75%は10歳までの子供。
原因の病原体によって症状はそれぞれ異なるが発熱・下痢・腹痛・嘔吐などが
単独または複数発症します。
下痢は血便や水様便などひどくなることが多く嘔吐も繰り返しします。
ノロウィルス・ロタウィルスは集団で感染します。

特に乳幼児では冬に流行するロタウイルスによる感染性胃腸炎は
乳幼児冬季白色下痢症と呼ばれ毎年発生数も多いので注意しましょう。

●感染経路

感染性胃腸炎の病原体のほとんどは食べ物・飲み物からの経口感染です。
一説ではペットからの感染もあるそうです。
ペットに自分の食べ物を箸であげたり、口移しであげるのは絶対に止めましょう。



ここでは感染性胃腸炎についての知識と対処方法をとりあげました。
間違った知識は症状を悪化させたり長引かせたりします。
一緒に感染性胃腸炎について勉強してみましょう。


CopyRight(C) 感染性胃腸炎について

SEO アクセスアップ