お家で簡単ダイエット方法

自宅でできる低コストで無理なく続けられるお手軽簡単ダイエット方法
簡単ダイエット方法ウォーキング骨盤矯正アミノ酸クエン酸半身浴リンパマッサージ水飲みダイエットダイエット日記テンテンベルト
ダイエットメニュー

お家で簡単ダイエット方法

スポンサードリンク

ウォーキングで簡単ダイエットする方法


ダイエットの基本は有酸素運動。
痩せたければウォーキングがいいよ。と、よく言われます。
しかし、ウォーキングをいくらしてもちっとも効果がない。という人も多いはず。それはウォーキングの仕方が違うからです。
ただ、なんとなく歩いてる、お散歩のような歩き方ではウォーキングとは言いません。汗をかくくらい早く歩く。といいますが実際早く歩くだけではなかなか痩せないものです。
現に私は毎日1時間〜1時間半、歩いてましたが、ほとんど痩せませんでした。しかし一緒に歩いていた主人は着実に痩せているのです。
2ヶ月ほど経った頃、主人に聞いてみました。私と主人との差は何なんだろう?と。それは歩き方の違いだったようです。

簡単ウォーキングの方法

歩き方を間違えると効果期待できないので正しいフォームを身に付けましょう。

■正しいウォーキング方法〜フォーム■
・背筋を伸ばし歩幅を広く歩く。
・腕を大きく振り、腰をひねるように早足で歩く。
・かかとから着地、つま先で地面をけりだしてまえにでるように歩く。

一番正しい歩き方は競歩のような歩き方だそうです。
モデルのウォーキングのように腰で歩くよう意識してください。

■正しいウォーキング方法〜運動量■
一般によく知られていることですが脂肪は運動開始後20分経たないと燃焼しないといわれています。
途中で休憩など入れたら意味がありません。歩道を歩く場合、赤信号ので待っている間でもその場で足踏みをし、足を止めないようにしましょう。
ウォーキングは全く歩くことのなかった人は無理をせず最初15分くらいから始め慣れてきたらどんどん時間を増やしていくのがいいでしょう。
20分から1時間ほど休憩しないで正しいフォームで歩きます。
毎日でなくても週に2〜3回で充分です。歩くことを習慣にすると脂肪燃焼し、痩せやすい体質になるだけではなく、心肺機能・運動能力が向上します。歩き始めて20分後にはじっとりと汗をかくくらいがちょうどいいのです。

歩く速度は少し息が切れるくらい。ハァハァになるが話ができるくらいが良いとされています。
息が切れてゼーゼーするようであれば早すぎます。

簡単ウォーキング方法で注意すること

空腹時にウォーキングはしないようにしましょう。
空腹時は血糖値が下がっているので貧血や立ちくらみの原因になります。アミノ酸を多く含んだ食品、またはカロリーの低い食品をたべてから歩きましょう。
早朝は1日の中で最も高くなる時間帯です。高齢者や血圧の高い人、体調が良くない人は無理をしないように。

歩く前は準備運動・ストレッチなどで体をほぐしてから歩き始めるようにしましょう。いきなり速いペースで歩き出すのは危険です。
朝起きてから1時間は血圧が安定しないので歩かないほうがいいです。起床後は血液が濃くなっています。歩く前は水分補給(ミネラルウォーターなど)をしてから歩きましょう。

寒さ・暑さ対策を忘れずに。
寒いときはサウナスーツや防寒着を。暑いのに汗をたくさんかこうと無理をしてサウナスーツを着ると熱射病になってしまいます。無理な発汗を期待するのはやめましょう。熱射病・日射病にならないよう帽子、ドリンクは持参しましょう。

正しい歩き方さえ身に付ければ今すぐ簡単に始められるダイエット方法です。
無理は絶対しないこと。
無理せず長く続けることがダイエット成功への近道です。

Copyright (C) お家で簡単ダイエット方法 Rights Reserved.
リンク