スポンサードリンク

成功するために

このダイエットはキャベツを食べることで満腹中枢を刺激し食事を減らすことが目的です。
しかし、量が減れば脂っぽいものをたくさん摂ってもいいのか?といわれればその答えはNOです。
やせるための食事制限もある程度必要になります。
そのコツを紹介します。

【主食】
どうしてもパンを食べたい人・夜のビールは欠かせない。という方もいるとおもいます。
ご飯1膳のカロリーは食パン1枚(5枚切り)・うどん1玉・ビール500ml分と同じくらいです。パンを食べたい人はご飯1膳分をパンに変えてもいいのです。晩酌にビールを。という人もご飯をその分減らせばいいんです。我慢すると長続きしないので臨機応変に。

【より効率よくするには】
一般的なダイエットと同じですが脂類・糖類は極力控えること。また、夕食が遅いと、エネルギーが消費されないまま
体のかなに蓄積されてしましますので夕食は8時までに摂るようにしましょう。

【キャベツの食べ方】
キャベツは生で、一口では食べれないくらいの大きさに切るのがポイントになります。千切りでは充分な咀嚼(そしゃく)を期待できません。また、味がないからといってマヨネーズなどカロリーの多い調味料を使用すると効果が半減します。味が物足りないときは塩をふったり、ノンオイルドレッシングを使用します。どうしても生が食べれないときはレンジでチンをして、温野菜風にしてもいいですが、あまり加熱するとせっかくのビタミンCが壊れ、また歯ごたえもなくなるので咀嚼(そしゃく)時間が短くなってしまいます。レンジの時間は短く。生っぽさが残る程度にしてください。

【お水をたくさん飲みましょう】
お水は体内から1.5リットル毎日出て行きます。それを補うために毎日2リットルほどのお水を飲むことは体のためにもとてもいいことなのです。水のみダイエットという方法 もあるくらいです。水による満腹感も得られるので併行して行うと効果も増大するのではないでしょうか?




やせるには体内のデトックス(毒素)を排出させる方法もあります。
食事に取り入れるとより高い効果があるかもしれません。
http://himaami.com/deto/

menu
痩せる方法トップ
キャベツダイエットのやり方
痩せる方法〜成功秘訣
痩せる方法体験談
link
便秘解消でやせる方法
お家で簡単ダイエット方法
ダイエットサプリメント口コミ情報
脂肪燃焼筋肉トレーニング方法