Fanfic

侑子さんと四月一日君

M78星雲より愛を込めて

侑子
「ね〜ね〜四月一日ぃ。ちょっとこっち来て〜」
四月一日
「(迷惑そうな顔で)何ですか?こっちは宝物庫の片付けで大変だってのに…」
侑子
「ちょっと両手をグーにしてくれる?」
四月一日
「グーに、ですか?(言われたとおりに両手をグーにする)」
侑子
「そのまま左手を胸に当てて、右手を上に上げて」
四月一日
「??(言われたとおりにする)」
侑子
「そのままちょっと上を見上げて背伸びしてくれる?」
四月一日
「???(言われたとおりにする)」
侑子
「(四月一日が背伸びした瞬間を見計らって)『シュワーッチ!』」
四月一日
「(ハッと気づき)ウル○ラマンかよ!! この忙しい時に何をやらせてるんですか!!」
侑子
「今度は左手の袖≪そで≫を口にくわえてくれる?」
四月一日
「?(言われたとおりに左袖をくわえる)」
侑子
「そのまま悲しげな顔で上半身だけ後ろ振り返ってみて」
四月一日
「??(言われたとおりにする)」
侑子
「(振り返った瞬間を見計らって)『ひどいわ!!』」
四月一日
「(ハッと気づき)これに一体何の意味があるんですか!!」
侑子
「(ニヤニヤしながら)ホント、四月一日って単純よね〜」
マル&モロ
「四月一日単純〜×2」
四月一日
「(殺気に満ちた目をしながら小声で)イツカ…毒ヲ盛ッテヤル…!!」

〜Fin〜

▲Page Top(T)

←Back(B)

© 2003-2004 sarasa