Fanfic

侑子さんと四月一日君

間一髪!!

四月一日
「こんちは〜!バイトに来ま…」
侑子
「四月一日危な〜い!!」
四月一日
「え?」

(と、突然、四月一日の視界に、円盤状の物体がこちらに向かって猛スピードで飛んでくるのが入ってくる)

四月一日
「うわっ!?」

(四月一日、とっさにのけぞり、ブリッジ状態になる。謎の円盤、その真上を飛んでいき、ベチャッという音とともに玄関ドアにぶつかり、落ちる)

四月一日
「な、何だったんだ!?」
侑子
「ヒュ〜! 四月一日やるじゃ〜ん」
マル&モロ
「四月一日やるじゃ〜ん(ハモる)」
四月一日
「何なんですか今のは?」
侑子
「宅配ピザよ。すぐに食べるのもなんだか惜しい気がしたから、マルとモロと3人でフリスビーごっこやってたら、手元が狂っちゃったのよ。でも、マ○リックス風によけるなんて、あんたも結構やるわね〜四月一日」
四月一日
「食い物で遊ばないでください!!」

〜Fin〜

▲Page Top(T)

←Back(B)

© 2003-2004 sarasa