Fanfic

侑子さんと四月一日君

四月一日、CMに出演?

侑子
「ね〜ね〜四月一日ぃ。ちょっとこっち来て〜」
四月一日
「(いやそうな顔で)何ですか?こっちは倉庫の片付けで大変だってのに…」
侑子
「ちょっと上向いてくれる?」
四月一日
「上?(上を見上げる)」
侑子
「次は右向いて」
四月一日
「右??(右を向く)」
侑子
「次は下よ」
四月一日
「下???(下を向く)」
侑子
「最後に左ね」
四月一日
「左????(左を向く)」
侑子
「どう?軽い首の運動になったでしょ?」
四月一日
「そんな理由で呼び出したんですか!!」

(と、突然、どこからともなく『チャ〜ラ〜ラ〜』という曲が流れ出すと同時に、四月一日の体が勝手に動き出す)

四月一日
「あれ!?な、なんだ!?」
侑子
「ちょっと!どこ行くのよ?」
四月一日
「おれにもわかりません!!」

(いつしか、四月一日の体は電話口へ。と、同時に、これまたどこからともなく、ナレーションが聞こえる)

ナレーション
「上司に恵まれなかったら、ス○ッフサービス。フリーダイヤル、オージ○ジ・オージ○ジ」

(四月一日、受話器をとり、ナレーションの声に指示された番号にダイヤルする)

四月一日
「もしもし!?」
電話の声
「はい、スタッフ○ービスです」

〜Fin〜

▲Page Top(T)

←Back(B)

© 2003-2004 sarasa