Fanfic

山崎君が行く!!

踊る大○査線

(山崎の居場所を確認し、パトカーの無線で本部に連絡する三原千春巡査部長)

千春
「三原です。ウソつき犯人・山崎の居場所をついに突き止めました。これから乗り込んでいって、ふんづかまえて、あんな事やこんな事をやろうと思います」

(本部で、千春からの報告をじっと聞いている、友枝小の事務員管理官)

千春
「事務員さん! お願いだから命令して! わたしは事務員さんの命令だけを聞くから!」

(事務員のもとには、本庁の上司達からの声も聞こえている)

木之本さくら管理官
「ダメだよ事務員さん! 今のままじゃ千春ちゃん、何をするかわかんないよ!」
大道寺知世管理官
「そうですわ! 許可を与えてはいけませんわ!」
佐々木利佳管理官
「千春ちゃんも落ち着いて! まずは落ち着いて話し合おうよ!」
柳沢奈緒子管理官
「そうだよ! それに、今ここで山崎君に何かやったら、後でとんでもない事になるかもよ〜」

(決断を迫られる事務員)

千春
「事件は会議室で起こってるんじゃない!! 現場で起きてるんだ!!!」

(水を打ったように静まり返る本部。その中で、さらに千春の声が響く)

千春
「事務員さん!!!」

(事務員、ついに決断を下す)

事務員
「三原!! 獲捕(かくほ)だ!!」

(ホッとした表情の千春。どこからかおもちゃのハンマーを取り出し、現場へ乗り込もうとする)

(けたたましく鳴り出す目覚まし時計。千春、そのスイッチを止めながら、むっくり起きだす)

千春
「ふわぁ〜(伸びをしながらあくびをする)な〜んだ…夢か…チッ! これから山崎君に、あんな事やこんな事をするところだったのに…」

〜Fin〜

▲Page Top(T)

←Back(B)

© 2003-2006 sarasa