Fanfic

山崎君が行く!!

眠れないのはあなたのせい

千春
「ふわぁ〜(アクビをする)」
利佳
「千春ちゃん、ずいぶん眠そうね」
奈緒子
「そういえば、さっきの授業でも、アクビしてたもんね。しかも、1回や2回じゃなかったし」
千春
「そりゃそうよ。毎日夜遅くまで、本やネットでいろんな情報を取り入れてるんだから」
利佳
「なんでそんな事してるの?」
千春
「山崎君ってば時々、本当の事しか言わない時もあるじゃない(※)。だから、どの話がウソで、どの話が本当かがわかるように、情報を取り入れてるのよ」
奈緒子
「へぇ〜そうなんだ。千春ちゃんも大変だね」
千春
「まったく…あいつの知識の量ときたら、ハンパじゃないんだから…ふわぁ〜(ふたたびアクビをする)」
山崎
「ずいぶんと眠そうだね、千春ちゃん」
利佳
「あ、山崎君」
山崎
「夜更かしは体に悪い影響を及ぼすんだよ。その昔、夜更かしをしたばっかりに…」
千春
「ちょ〜っとこっちに来てくれる?」
山崎
「(千春に耳を引っぱられながら)あいててて…ちょっ…千春ちゃん…話はまだこれから…」
千春
「うるさいわね!!誰のせいだと思ってんのよ!!」

(そのままずるずると千春に引きずられていく山崎)

利佳&奈緒子
「(あぜんとしながら)……」

〜Fin〜

※第3話「葬式のお札」&第11話「三国志談義」参照

▲Page Top(T)

←Back(B)

© 2003-2006 sarasa