Fanfic

すももちゃんの独り言

私のお人形

すもも
「うにゃ。朝です!」
「鈴も起きたよ!すももちゃん、おはよう。」
すもも
「おはようです。」

何時ものように明るい朝らしい。

すもも
「ありゃ?手紙です。」
手紙
(すもも、今日俺朝から予備校だから留守番宜しくな。鈴の面倒もちゃんと見るんだぞ。新保)
「今日は、2人でお留守番だね♪」
すもも
「じゃぁ、何しよう・・。」
「ファッションショーがいい!」
すもも
「じゃぁ、そうしましょうか^^」
「お洋服も可愛いの〜★」
すもも
「鈴ちゃんは、こんな服がいいです。」
「うん!見た目も可愛いよ〜★」

鈴が着る服は、お出かけ用のワンピース。

目印のリボンは、可愛いピンクである。

「すももちゃんは、こ〜れ!」
すもも
「かっこいいです★」

かっこいい女の子風にズボンとパーカーだ。

「わ〜、素敵〜★」
すもも
「ですね^^」

▲Page Top(T)

←Back(B)

© 2003-2006 sarasa