Fanfic

スクールライフ

休み時間編

えりん
「こんにちは。今回はさくらちゃんたちの休み時間をレポートしたいと思います。」

友枝中学校・・・。

千春
「昨日の『集まれ!!学校おもしろ遊び決定戦』見た?」
奈緒子
「あっ、見た見た!!」
エリオル
「僕も見ましたよ。」
「俺も見たぞ。」
苺鈴
「あれ面白かったわよね。」
ファイ
「早口言葉が面白かったね。」
山崎
「早口言葉っていうのはね〜。」
千春
「はいはい、ウソじゃなくて早口言葉。」
えりん
「こんにちは〜。」
さくら
「あっ、こんにちは!!」
えりん
「何話しているの?」
知世
「昨日のテレビ番組『集まれ!!学校おもしろ遊び決定戦』のことですわ。休み時間にできるちょっとした遊びが紹介されている番組ですわ。」
えりん
「面白そう!!早口言葉かー。よーし、今からみんなで早口言葉で遊んでみよう!!」
モコナ
「モコナたちも参加するー!!」
えりん
「まずは自分の名前をくりかえして10回言ってみよう!!」
さくら
「さくら さくら さくら さくら さくら ・・・・!!」
小狼
「小狼 小狼 小狼 小狼 小狼・・・。」
モコナ
「モコナ モコナ モコナ モコナ モコナ・・・。」
苺鈴
「自分の名前を言うのは簡単だけど、他人の名前はものによってそれぞれね。」
エリオル
「僕の名前も他人から見ればいいにくい名前だと思います。」
黒鋼
「俺の名前も言いにくいぞ。」
ファイ
「たしかに『黒鋼』は言いにくいけど、『黒みゅー』だったら言いやすいかも。」
黒鋼
「人の名前をいちいち変な名前で呼ぶな!!」
えりん
「続いて東京特許許可局を3回!!」
知世
「東京特許許可局 東京特許許可局 東京特許許可局!!」
ケロ
「東京特許きょくゎ・・・がぶっ!!舌をかんでもーた・・・。」
えりん
「最後は「パンかべ」を10回!!」
サクラ
「パンかべ パンかべ パンぱ・・・失敗しちゃった・・・。」
シャオラン
「パンかべ パンかべ パンふぁ・・・ダメだ。」
苺鈴
「パンかべ パンかべ パンば・・・あ〜!!どうして上手く言えないのー!?」
スッピー
「・・・パンかべ パンかべ パンかべ パンかべ・・・!!」
ケロ
「え・・・。」
さくら
「すごーい!!」
ファイ
「へぇー、早口言葉得意だったんだ〜。」
「意外だな。」
スッピー
「こんなの普通ですよ。」

キーンコーンカーンコーン。

さくら
「あっ、もう予鈴なっちゃった・・・。」
奈緒子
「教室に戻らなきゃ!!」
えりん
「今回のレポートはここまでね。」
ケロ
「・・・ってわけでほなな〜!!」

〜Fin〜

▲Page Top(T)

←Back(B)

© 2003-2006 sarasa