Fanfic

スクールライフ

部活動編

モコナ
「めきょっ!!」
スッピー
「どうも・・・。」
ケロ
「今日はわいらが主役やー!!今回は友枝中の部活をレポートするで!!」

友枝中学校。

モコナ
「今いるのは第1体育館。どの部も活動がさかんなの!!」
ケロ
「お、あそこにいるのはバスケ部やな。」
スッピー
「あそこにエリオルがいますね。」
男子A
「柊沢!!」
エリオル
「任せてください。シュート !!」
男子B
「ナイスシュート!!」
ケロ
「ほぉ〜。エリオルもなかなかやるもんやな〜。」
スッピー
「エリオルももうすぐ大会が近いって言っていましたし、大変みたいですよ。」
モコナ
「あ、あそこにいるの苺鈴だ!!」
ケロ
「小娘はたしかバレー部やったな。」
モコナ
「苺鈴がんばれー!!」
苺鈴
「こっちにボールお願い!!」
女子A
「レシーブ」
女子B
「トス」
苺鈴
「アタック!!もう一本行くわよ。」
スッピー
「第2体育館では、バドミントン部、卓球部、体操部が活動しています。次は武道館に行ってみましょう。」

武道館。

ケロ
「ここでは柔道部、剣道部、弓道部が活動しています。」

ビュン!!

モコナ
「めきょっ!?」
スッピー
「ここにいたら危ないですよ。弓道の矢がいつ飛んでくるかわからないですから。」
ケロ
「ん・・・?あそこにファイがいるで。ファイ、弓道部に入ったんやな〜。」

ビュン。

ケロ
「ちょうど真ん中に当たったみたいやな。」
モコナ
「ファイすごーい!!」
黒鋼
「1、2、3、4・・・。」
スッピー
「あそこには黒鋼さんがいますね。剣道部に入られたのですね。」
モコナ
「黒鋼、ちゃんと部活やんなきゃ知世姫に怒られちゃうからね〜。」
ケロ
「黒鋼も大変やな〜。今から試合みたいやな。」

パーン!!

部員A
「勝負あり。勝者、白鷺。」
黒鋼
「いつでも相手になってやる。どんどんかかって来やがれ!!」
モコナ
「黒鋼すごいー!!」
スッピー
「さすがですね。」
ケロ
「さて、次は外に出るで。」
スッピー
「こっちにはテニスコートがありますね。」
ケロ
「ん?あれは小僧やないか。」
モコナ
「小狼がんばれー!!」
部員A
「それっ!!」
小狼
「これでどうだ!!」
部員A
「ああっ!!」
部員B
「ゲームセット。ウォンバイ、李&山崎ペア。」
山崎
「ナイススマッシュだったよ、李君。」
小狼
「ああ。」
ケロ
「ほぉ〜。小僧にしちゃーなかなかやるもんやな。」
スッピー
「李君も頑張っているみたいですね。」
モコナ
「小狼すごいスマッシュ打ってたー!!」
ケロ
「あそこにさくらがいるで。千春と奈緒子も一緒や。」
スッピー
「そういえばさくらさんはチアリーダーだそうですね。」
ケロ
「もうすぐ運動部の大会が近いから大変みたいやで。」
スッピー
「どの部も大変ですね。」

ボカッ!!

ケロ
「ふぎゃっ!!」
モコナ
「あっ、翔がサッカーしてるー!!」
スッピー
「たしか西田君はサッカー部でしたね。」
部員1
「西田!!」
「まかせろ!!シュート。」
キーパー
「うわぁっ!!」
部員2
「ナイスシュート、西田!!」

♪〜。

モコナ
「中から何か聞こえる。」
ケロ
「これは知世の声やな。」
スッピー
「何度聞いても素敵な歌声ですね。」
知世
「ララララララーララ、ララララララーララ♪」
モコナ
「ん・・・?こっちのほうからなにかにおうの!!」
ケロ
「家庭部が何か作ったんやな。このにおいはお菓子!?うまいもんうまいもん♪」
スッピー
「ちょっとケルベロス!!まだレポート中・・・んぐ、ふにゃふにゃ・・・。」
モコナ
「酔っ払っちゃった〜。サクラの酔っ払いはもっとにゃーにゃーしてるけどね〜。」
利佳
「あれ・・・?ここにカップケーキ置いてなかった?」
部員A
「本当だ。なくなってる。」
部員B
「どうしてだろう?」

〜Fin〜

▲Page Top(T)

←Back(B)

© 2003-2006 sarasa