Fanfic

ケロちゃん&スッピーのショートなお話

小狼
「しかしなんでケルベロスと俺が留守番?」
ケロ
「ワイだってなんで小僧と留守番なんや!」
スッピー
「おはようございます。」
ケロ
「おっ!スッピーか!?遊び相手ができた!」
スッピー
「何言ってるんだか・・。」
小狼
「つまんないな・・・。」
スッピー
「さくらさん達は?」
ケロ
「さくら達は、お買い物でワイらは、ここで待ってろと言われたんや、しかも小僧と。」
小狼
「誰が小僧だ!」
スッピー
「まぁ、ケルベロスと遊ぶなんて考えてもいませんよ。」
ケロ
「なんやて!まぁ、しゃあない、たこ焼きでも食うか・・・。」
スッピー
「たこ焼き!?」
小狼
「スピネルってたこ焼き好きなんだ・・。」
ケロ
「この香ばしいソースが最高!!!」
スッピー
「ですね、ですね。」
小狼
「俺、さくらに電話しよっと。」
ケロ
「おう!一生来なくていいで!」
小狼
「あっそ。」

(バッタン)

スッピー
「後一個・・・・。」
ケロ
「これ、ワイのや〜><」
スッピー
「私の!」
ケロ
「絶対ワイの!」
ケロ&スッピー
「う〜!!」
さくら
「小狼君、お留守番有り難う。」
小狼
「あぁ。」
さくら
「じゃぁ、一緒にケーキ食べ行こうか!」
ミウリ
「そうですね^^」
モコナ
「モコナも〜!」
ケロ
「ワイは〜?!」
さくら
「ケロちゃんは、留守番ね!」
ケロ
「え・・・・・。」

▲Page Top(T)

←Back(B)

© 2003-2006 sarasa