Fanfic

ケロちゃん&スッピーのショートなお話

ケロ
「う〜ん、最近のゲームってより難しくなってるんとちゃうか!」
ミウリ
「あはは、でもケロちゃんだったらクリアしそうだよね・・。」
ケロ
「まぁ、気合が1番ってか!」
??
「ぷぅ、みたいな♪」
ミウリ
「へっ?」
??
「突っ込んでくれない。帰る。」
ケロ
「何や、今の・・。」
ミウリ
「さぁ?」
さくら
「ケロちゃん、ミウリちゃんおやつだよ^^」
ケロ
「わ〜い☆」
さくら
「ケロちゃんの大好きなたこ焼きだよ^^」
ミウリ
「私もたこ焼き好きです><」
さくら
「良かった。おかわりあったら言ってね。」
ケロ
「マジ!?幸せや、わいって・・。」
ミウリ
「もう!」
??
「モコナも食べる〜!」
さくら
「ほぇ?」
モコナ
「たこ焼き♪美味しいよ><」
ケロ
「さっきの奴とちゃうか!」
ミウリ
「本当だね!」
さくら
「食べる?」
モコナ
「わ〜い!」
モコナ
「う〜ん★最高!モコナ幸せ><」
さくら
「喜んで貰って嬉しいよ!」
ケロ
「まぁ、こんなぶりっ子初めて見たんのワイだけ?」
ミウリ
「モコナさん、可愛いですよ^^」
モコナ
「モコナ、モテモテ。」
ミウリ&さくら
「可愛い〜!!」
ケロ
「フンッ!何処がやねん」
モコナ
(バキッ!)
ケロ
「痛っ〜!」
ミウリ
「んっ?ケロさんどうしたの?」
モコナ
「今日ココに泊まっていい?モコナ1人なの。」
さくら
「喜んで^^」
ケロ
「っけ、ただ可愛いだけだからないかい・・。」
ミウリ
「じゃぁ、今日は、パーティーだ!」
さくら
「いぇ〜い!」
ケロ
(ふん、勝手にせい!)

っと、思うケロだった・・。

▲Page Top(T)

←Back(B)

© 2003-2006 sarasa