Fanfic

ケロちゃん&スッピーのショートなお話

ケロ
「イチイチさくらの勉強やるなんて災難やで」
さくら
「仕方ないでしょ、今日までにやんないといけないんだから」
ミウリ
「あははは・・・・。」
ケロ
「まぁ、しゃあない。」
さくら
「えっとココは・・・、よしっ!」
ミウリ
「出来ました?」
さくら
「うんっ、おかげ様で。ミウリちゃんは?」
ミウリ
「えへへ^^出来ましたよ。」
さくら
「本当だ、全部あってるよ!」
ケロ
「よしっ!完璧や!!」
さくら
「って、どこが!やり直しだよ、お菓子なしだよ。」
ケロ
「そんな・・・、アホな。」
ミウリ
「じゃあ、あっちで待ってますね。」
さくら
「出来たら教えてね。」

10分後・・・・。

ケロ
「う〜ん。これがこうなって。」
スッピー
「まだ迷ってるんですか。」
ケロ
「まぁな。」
スッピー
「教えましょうか。」
ケロ
「ふん、余計なお世話や!」
スッピー
「後で何があっても知りませんからね。」
ケロ
「ほほう・・・。」

40分後・・・、

ケロ
「さくら〜、出来たで。」
さくら
「本当!?」
ミウリ
「わ〜い^^」
ケロ
「どうや!!!」
さくら
「・・・・・・・。」
ケロ
「んっ??」
ミウリ
「ケロさん、全然出来てませんよ。」
ケロ
「えっ・・・。」

こうして時間は、過ぎていく。

▲Page Top(T)

←Back(B)

© 2003-2006 sarasa