Fanfic

ケロちゃん&スッピーのショートなお話

ケロ
「う〜ん、さくらはやっぱり怪獣やな〜。」
さくら
「もー、ケロちゃんまで。後でお菓子あげないからね!」
ケロ
「お許しください、さくら様〜。」
さくら
「今度言ったら絶対お菓子あげないからね。」
ケロ
「さくら、買い物行くんだったらたこ焼き買ってきてや!スッピーが遊びに来るから。」
さくら
「はいはい。」

(バタンッ)

ケロ
「わーい♪たこ焼きや〜★」
スッピー
「ケルベロス何をしてるんですか。バカらしいですね。」
ケロ
「何やその言い方!」
スッピー
「まぁ元々バカですから言うのも仕方ないですね。」
ケロ
「もういいわ!お前にたこ焼きあげんから」
スッピー
「たこ焼き★」

スピネルは、以前たこ焼きを食べてから好物になったらしい。

(バタン)

さくら
「ただいま。スピネルさんこんにちは。」
スッピー
「お邪魔しています。」
ケロ
「お〜、たこ焼きや♪わーい!」
さくら
「ケロちゃん1人で食べないでね、スピネルさんもいるんだから。」
ケロ
「おう!」
さくら
「ゆっくりしててくださいね、スピネルさん」

さくらは、1階に去る。

スッピー
「アンッ・・・・、おいし〜★」
ケロ
「そやろ?」

もう皿の中にあったたこ焼きを全部食べてしまった。

ケロ
「あっ・・・・。無くなってしもうた。」

スッピーは、寝てしまった。

ケロ
「うわ〜ん、もっと食べたい〜!!」

そうして時は、過ぎていった。

▲Page Top(T)

←Back(B)

© 2003-2006 sarasa