Fanfic

日常

黒鋼の場合

俺は黒鋼。今、異世界を旅している。

それにしても、ヒョロイあいつと白まんじゅうときたら・・・。

ファイ
「おはよー、モコナ。あれ〜黒るんは?」
モコナ
「小狼とお出かけv」
ファイ
「あ、黒るんったらねえ、昨日も俺のこと追いかけ回したんだよ〜。」
モコナ
「黒鋼ったら、ファイにラブラブ〜vvv」
ファイ
「あはは〜。それは嫌だな〜。」

・・ラブラブ!?ったくてめえなんて大嫌いだよ!

あいつらこないだは・・・。

モコナ
「ねえ、ファイ。この間黒鋼つまみ食いしてたの〜。」
ファイ
「本当?どうりでリンゴが減ってると思った〜。」

・・・俺は食ってねえよ!白まんじゅうが食ってただろ。うまく俺のせいにしやがって・・・。

ファイ
「ねえ?黒りんは?」
モコナ
「モコナ知らない」
ファイ
「あれ〜?どこ行ったんだろ」

二人は知らない。物陰で黒鋼が怒りを抑え二人の会話を聞いていることを。

〜Fin〜

▲Page Top(T)

←Back(B)

© 2003-2006 sarasa