Fanfic

未来へ

小狼
「着いたぞ。」
「わぁーっ!!」
由佳
「きれいなところね!!」
沙織
「本当ですわ。」
桃奈
「ここ一面が桜の花だね!!」
さくら
「お母さんたちも小さいころもよくここでお花見してたのよ。」
知世
「みんなでここでパーティをしたわ。」
「そうなんだー!!」
「おーい、こっちだぞ。」
知世
「今行きますわ!!」

今日は日曜日。クラスのお友達とお父さんとお母さんたちみんなでお花見に来たの。

貴史
「お花見っていうのはね、春の祝いの行事として行われていたものなんだけど・・・」
「昔はお花見とときは踊りが恒例になっていたんだよ。」
千春
「まーた親子そろってウソばっかり・・・。」
寺田
「みんな大人になっても変わってないな。」
利佳
「なんかこうやってやるとなんだか同窓会みたいだね。」
奈緒子
「そうだね。みんなでこうやってたくさん話すの久しぶりだもんね。」
エリオル
「なんだかなつかしいですね。」
小狼
「ああ。こうやって皆集まって話すのは学生のころ以来だな。」
「もういいかーい!!」
「まーだだよ。」
「もういいかーい!!」
桃奈
「もういいよー!!」
さくら
「みんな相変わらず元気にはしゃいでいるね。」
苺鈴
「子供はそれが一番よ。」
知世
「あの子たちを見ているとなんだかまるであのころがよみがえったようですわ。」
「優也君見つけ!!」
優也
「次おねえちゃん鬼だよ。」
桃奈
「うん。いーち、にー、さーん・・・。」
「俺たちにもそんなことあったんだな・・・。」
エリオル
「今となってもその思い出はずっと忘れられませんね。」

〜第6話・完〜

山崎 侑

4月16日生まれ

O型

好きな食べ物
オムレツ、ハヤシライス
嫌いな食べ物
ナス
クラブ
サッカー部
好きな教科
算数、理科
嫌いな教科
特になし
好きな色
好きな花
得意料理
おこのみやき
今欲しいもの
面白い本

▲Page Top(T)

←Back(B)

© 2003-2006 sarasa