Fanfic

新たなる試練

異次元

さくら
「ここは・・・友枝町?」
「少し違うな。ここは・・・」
瑛二
「ここは俺達が作り出した異次元の友枝町だ。」
さくら
「瑛・・・二君」
瑛二
「思い出したんだろ?俺達がカードをコピーしたことを。」
小狼
「何だって!!」
さくら
「やっぱり・・・。」
瑛二
「あぁ、そうさ。俺達がやった。力を手に入れるために!!」
小狼
「どうして!!何のために!!!」
瑛二
「いいだろう。教えてやるよ。話したとおり俺達の先祖はコピー能力を持つ魔術師で数々の魔力をコピーし自分のものにしていった。コピーに負けたオリジナルの魔力は無くなり、コピーした魔力は子孫にも受け継がれる。しかし、ある1人の先祖がクロウ・リードに挑み負けた。そのときに一族が溜め込んだ魔力は無くなりコピー能力だけが残った。俺達は徐々に魔力をコピーし自分のものにしてきた。そして、リベンジをしにやってきたのさ。先祖ができなかったことを俺達がやり遂げる!!!そのためにはオリジナルを消すしかないんだ!!」
ケロちゃん
「そんなアホな話があるか!!そんなんでさくらの魔力が無くなってしまうなんてことはこのわいらがさせへん!!!」

『バシュー』(変身の音)

月(ユエ)
「主を守るのが守護者の役目だ。」
「確かに・・・。なら俺達にも守護者が必要だな。」
奈久留
「そんなにねぇ簡単に守護者なんて作れないのよ!!」
瑛二
「作れるとしたら?」
奈久留
「えっ!?」
瑛二
「ではお見せしよう。俺達の守護者を!!」

瑛二と刃の上空に黒い何かが渦巻いていた。

スッピー
「彼らはどうやって・・・」
エリオル
「ルビー・ムーン、スピネル・サン。真の姿に戻りなさい。」
スッピー
「えっ?」
奈久留
「どういうこと?」
エリオル
「いいから。・・・歌帆。」
観月歌帆
「なに、エリオル?」
エリオル
「知世さんと苺鈴さんをこれで守ってあげてください。」

エリオルは歌帆に向かって何かを投げた。

観月歌帆
「これは・・・鈴?」
エリオル
「この日のためとはおかしいですが念のために作っておきました。」
観月歌帆
「ありがとう。さ、苺鈴さん、大道寺さん。こっちへ。」
知世
「さくらちゃん!!」
苺鈴
「小狼!!あんな嘘つきな奴ら倒しちゃって!!」

さくらと小狼はなにがなんだかよくわかっておらず非難していく2人の声が聞こえていなかった。

瑛二
「まずは俺の杖をお見せしよう。」
さくら
「えっ?」
瑛二
「混沌の力を秘めし鍵よ。真の姿を我の前に示せ。契約のもと瑛二が命じる。レリーズ!!」

『ビィーン』

小狼
「まさか杖までも・・・」
さくら
「そんな・・・。」
ケロちゃん
「さくら!!おいっ!!さくら!!」
さくら
「はっ、なにケロちゃん。」
ケロちゃん
「なにとちゃうわ。はよう鍵を杖にするんや。」
さくら
「う、うん。」

さくらは鍵を手の上にのせた。

さくら
「星の力を秘めし鍵よ。真の姿を我の前に示せ。契約のもと、さくらが命じる。レリーズ!!!」
エリオル
「闇の力を秘めし鍵よ。真の姿を我の前へ示せ。契約のもとエリオルが命じる。レリーズ。」

『ビィーン』

エリオル
「真の姿にもどれ、ルビー・ムーン、スピネル・サン」

『バシュー』

スッピー
「この姿に戻るのも久しぶりですね。」
ルビー・ムーン
「そうね。」
「役者は揃ったみたいだ。」
瑛二
「それではお見せしよう。俺達の守護者を。」

瑛二は杖を上に向けた。

瑛二
「我の創造するものよ。この世に姿を現せ。『クリエイト』!!」

瑛二の上空に渦巻いていたものが4つに分かれ形を創り出していった。

さくら
「クリエイト?」
小狼
「その方法があったか。」
さくら
「どういうこと?」
ケロちゃん
「クリエイトで自分が思うものを作ろうとしてるんや。あの方法やったら確かに時間も魔力の消費も少ない。」
月(ユエ)
「誰も思いつかない方法だな。」
エリオル
「しかし、確実な方法でもある。」

さくら達があっけにとられている間に4つの形が出来上がった。

「早く仕上げを。」
瑛二
「わかってる。我の創造した守護者達よ。我が魔力を糧としその命を永遠のものとせよ。ラー、ハデス、フォルス、アヌビスよ。その姿を現せ!!」

4つの煙の中が光りだした。

苺鈴
「いったいなんなの?」
知世
「わかりませんわ。でも、ケロちゃんや月(ユエ)さんが変身する時のものに似ていますわ。」
観月歌帆
「そうね。一体何が起こっているんでしょうね。」

『バフゥー』4つの物の周りを覆い隠していたものが消え去って見知らぬもの達がいた。

ラー
「やっと、動けるぜ!!なぁ、相棒。」
ハデス
「そうですね。私達は瑛二の創造の中だけで生きていましたからね。」
フォルス
「でも、この名前はどうにかならないのかねぇ。」
アヌビス
「私的には結構いいですよ。我々の属性にあっている。」
瑛二
「そう言ってもらえると光栄だよ。アヌビス。」
スピネル
「できれば紹介していただきたいものですね。」
瑛二
「いいだろう。この厳つい顔をしている金龍の名がラー。」
ラー
「よろしくたのむぜ。ま、すぐに俺様がお前達を倒してやるけどな!!」
瑛二
「そして、悪魔のような羽を持つやつがハデス。」
ハデス
「どうぞ。お見知りおきを。」
瑛二
「白き天使の羽を持つ女性がフォルス。」
フォルス
「よろしくねー。」
瑛二
「そして最後にジャッカルのような姿をしている者がアヌビスだ。」
アヌビス
「よろしくお願いします。」
さくら
「まるでケロちゃんや月(ユエ)さん。スピネルさんやルビー・ムーンさんみたい。」
ラー
「俺はぜんぜん違うけどな!!」
瑛二
「この者たちにはそれぞれ属性がある。ラーには光の属性。ハデスは闇。フォルスには光。アヌビスには闇の属性が。君達の守護者と似てしまってすまないと思っている。しかしこれでも一応オリジナルなんだよ。」
ケルベロス
「なにがオリジナルや!姿も属性もわいらのパクリやんけ!!」
ラー
「アホぬかせ!!俺らは瑛二の創造から生まれた。瑛二が小さい時からなぁ!!」
月(ユエ)
「なに?」
フォルス
「瑛二は小さい頃からいろいろなことを創造してきた。その中から生まれたのがあたし達。この姿は誰にも真似できないわ。そこにいる蝶の羽を持つものなんかと一緒にしないで!!」
ルビー・ムーン
「なんですって〜!!」
アヌビス
「やめなさい。フォルス。どうせこの者達とは戦うんだ。あとで決着をつければいい。」
スピネル
「あなたは冷静なんですね。」
アヌビス
「そちらこそ。」
瑛二
「それではそろそろ始めようか。戦いを。」
ケルベロス
「望むところや!!」
「待て瑛二。この戦いは試合形式で戦わないか。」
瑛二
「どういうことだよ?」
「つまり対戦相手を決めて戦うってことさ。それでラー達もどっちが強いかわかるだろ?」
ラー
「おっ!それ賛成!!」
ハデス
「面白そうですね。」
フォルス
「いい考えだよ。刃。」
アヌビス
「その戦い方もおもしろいですね。」
瑛二
「ま、こっちはいいとしてそちらさんは?」
ケルベロス
「わいはそれでもいいで。」
月(ユエ)
「いいだろう。」
ルビー・ムーン
「いい考えね。」
アヌビス
「いいですよ。」
「主さん達はどうするのかな?」
小狼
「俺はいいぞ。」
エリオル
「わたしも。」
さくら
「私は・・・」
ケルベロス
「ここで戦わんかったらさくらの魔力はなくなってカードたちとも会われへんようになるんやで。それでもいいんか?」
さくら
「それは嫌だ!!」
ケルベロス
「なら戦うんや。カードたちのためにも」
さくら
「・・・・・うん。わかった。」
「それじゃあ決定だな。俺は李小狼とだ。どっちの方が剣術がうまいか試させてもらうためにな。」
フォルス
「私達はもちろんあの蝶女よ。」
ルビー・ムーン
「望むところよ!!」
ラー
「俺とアヌビスはタッグ戦だ。相手はケルベロスとスピネル・サン。」
ケルベロス
「わいもOKや。」
スピネル
「わたしもいいですよ。」
ハデス
「それじゃあ、俺はあんたか月(ユエ)。」
月(ユエ)
「ふん。」
瑛二
「俺はさくらちゃんとエリオル、君達2人だ。」
さくら
「瑛二君と・・・」
エリオル
「いいでしょう。」
瑛二
「それじゃあ、始めようか。」

『バサー』

羽を持つもの達が上空へ飛び立っていった。

〜第五部・完〜

▲Page Top(T)

←Back(B)

© 2003-2006 sarasa