Fanfic

Desire

桃矢も雪兎も悩みに悩んだ末、結局花見に参加する事にした。

桃矢と雪兎は、初芝家の最寄り駅である立川まで行く。

何度か来た事はあるが、何度見てもここの桜並木は綺麗だ。

・・・・・・まるで、歓迎されているような・・・・・・。

思わず、見蕩れてしまう。

「お兄ちゃん!」

その声にハッとなる。さくらの声だ。

昔から変わらない声で呼んでいる。

「こんにちは。さくらちゃん」

「雪兎さん、お久し振りです」

ふと、さくらは腕時計を見、ハッとしながら言う。

「お兄ちゃん! 早く行かないとお花見始まっちゃうよー!」

「・・・・・・ああ、分かった」

さくらに案内されながら花見の席へと向かう。

そこには、当然の事ながら園美も参加していた。

▲Page Top(T)

←Back(B)

© 2003-2006 sarasa