Fanfic

新しい始まり

さくら
「やっぱり間違ってる。この世を無にしても何の意味もないよ!!」
小狼
「俺たちがこの世に生まれてきたこと。これは偶然ではない。この町に来たのも、皆に出会ったのも・・・。」
苺鈴
「いろんな人に出会えて、みんなと友達になれて・・・みんながいてくれたからこうして今があるのよ!!」
エリオル
「そう、人は一人では生きていけないから・・・。」
知世
「このままだとあなた方も消えてしまいますわ。」
「たとえ過去にどんなことがあってももう戻らないんだ!!」
涼太
「ふざけるな!!この世なんてくだらないもののかたまりだ。こんな世界なくなってしまえばいいんだ!!」
スッピー
「まだやる気ですか!?」
偽ケロ
「もう後には戻れない。」
偽スッピー
「お前たちが消えてしまうのも時間の問題。そういう運命なんですから。」
ケロ
「わいらの運命を勝手に決めるなーーー!!」
偽ケロ
「うわぁっ!!」
偽スッピー
「ぐわぁっ!!」
ユエ
「俺たちはお前たちには負けない!!」
ルビー
「あとで後悔するのはあなたたちのほうよ!!」
「これでも喰らえ!!」
美花
「きゃぁっ!!」
エリオル
「ディビス・・・目を覚ましてほしい・・・目を覚ますんだ、ディビス!!」
ディビス
「うわぁぁっ!!」
エリオル
「ディビス・・・。」
ディビス
「ごめんね・・・。」
苺鈴
「えっ・・・!?」
エリオル
「ディビス・・・!?」
ディビス
「ごめんね・・・エリオル・・・。」

〜第23話・完〜

▲Page Top(T)

←Back(B)

© 2003-2006 sarasa