Fanfic

新しい始まり

さくら
「どうして・・・どうしてディビス君、笹山君のこと知っているの?」
涼太
「彼は俺たち一族の仲間だ。お前の友として日本にやってきて、そして今我々にとって大きな力となるときが来たのだ。」
さくら
「どうして・・・どうしてそんなことするの!!」
美花
「どうしてって決まってるじゃない。過ちはもう戻らないのよ。その過ちを全て無に変えてしまえばすべてが終わるということ。」
ケロ
「お前さん誰や?」
美花
「お前じゃなくて王 美花(おう めいふぁ)って名前があるのよ!!」
ディビス
「お遊びの時間は終わりだ。我々の目的はただ一つ。この世を無に変えてしまうのさ。」
涼太
「つまりこの世のリセットということだ。」
苺鈴
「えっ!?それじゃあ私たちも消えてしまうってこと?私たちはもちろん、利佳ちゃんや奈緒子ちゃん、千春ちゃんも山崎君も・・・。」
エリオル
「ええ・・・。ディビス、君の考えは間違っている。」
小狼
「そのようなことをしても何の意味もない!!」
涼太
「お前たちに言われる筋はない。ま、いずれにせよこの世は闇に包まれる・・・。せいぜいがんばるんだな。」
知世
「・・・消えてしまいましたわ・・・。」
「ああ・・・。あいつら、一体何を考えてるんだ!!」
エリオル
「ディビス・・・。」
苺鈴
「エリオル・・・。」
歌帆
「みんな!!」
「観月先生!!」
歌帆
「ごめんなさい・・・。外からの結界で中にはいってこられなかったの。」
さくら
「笹山君たちこれから何かが起きるって言っていたんです・・・それに・・・。」
歌帆
「ディビスのこともね?」
苺鈴
「ええ・・・。」
歌帆
「今から神社にいらっしゃい。これからそのことについてお話します。」

〜第17話・完〜

▲Page Top(T)

←Back(B)

© 2003-2006 sarasa