Fanfic

新しい始まり

小狼
「皆眠ったか・・・。」
ケロ
「わいらもそろそろ出てくるべきなんやろうな、スッピー。」
スッピー
「そうですね。」
エリオル
「ケルベロス、スピネル。どうしてここに・・・。」
スッピー
「あなたが今朝占いで悪い結果を出してしまったのを見て、もしかして・・・と思いあとをつけてきたのです。」
ケロ
「それに・・・おいしいもんを食べ損ねるわけにはいかないんや。」

ドテッ。(ひっくり返る小狼、エリオル、翔)

小狼
「お前のことだ。また食い意地張ってきたんだろう。」
ケロ
「なんやとー!?」
さくら
「あれ、ケロちゃん!?」
桃矢
「みんな!!」
ケロ
「兄ちゃんらもいるんやな。」
さくら
「どうしてここに・・・?」
奈久留
「バイトしてたら何か気配がしたのよ。」
ユエ
「何かが・・・これから何かが起きる・・・。悪いことが・・・。」
エリオル
「・・・!?ディビスがいない!!」
小狼
「何だと!?」
「一体どうして・・・。」
涼太
「闇を呼ぶ者・・・今ここに現る・・・。」
「この声は・・・!?」
知世
「笹山君!?どうして・・・。」
涼太
「俺はクロウ・リードのライバル、ジョン・オリバーの遠い親戚としてここに生まれてきた。今、再び闇につつまれ、この世を無にする・・・。」
美花
「私たち一族の邪魔をする者は許せないのよ。とくにあなた方は私たちにとって邪魔な存在なのよ。」
ディビス
「我々の邪魔をする者は消し去ってもらおう!!」
エリオル
「ディビス!?どうして・・・。」

〜第16話・完〜

▲Page Top(T)

←Back(B)

© 2003-2006 sarasa