Fanfic

新しい始まり

さくら
「えっ!?観月先生。」
知世
「まあ!!」
歌帆
「久しぶりね」
エリオル
「どうして・・・。」
小狼
「お前何も聞いていなかったのか?」
エリオル
「ええ・・・。」
歌帆
「おはようございます。私は今日からこのクラスの担任になった観月歌帆です。担当教科は数学です。友枝小から来ている子は知っている子もいると思うけど1年間よろしくお願いします。」

入学式後・・・。

さくら
「それにしてもびっくりしました。観月先生こっちに戻ってきたのですね。」
歌帆
「ええ。留学が終わってこっちに戻ってきたの。今年からこの中学の授業に出ることになったの。」
苺鈴
「そうだったんですね。」
エリオル
「知らせてくださればよかったのに。」
歌帆
「まさかあなたまで来ていたなんてね。びっくりしたわ。」
知世
「こうしていろんな人とお会いできて私たちもうれしいですわ。」
歌帆
「ええ。こっちに戻ってきてからまた神社のほうにいるわ。また遊びにいらっしゃい。」
さくら
「はい!!」

木之本家・・・。

さくら
「ただいまー!!」
桃矢
「おかえり。今日入学式だったんだって?」
藤隆
「ええ。」
さくら
「ランララーン♪」
桃矢
「どうしたんだ、あいつ?」
藤隆
「今日さっそくいいことがあったそうですよ。」
桃矢
「いいこと?まさか・・・。」
さくら
「ただいまケロちゃん。」
ケロ
「おう。なんや、えらいご機嫌やな。」
さくら
「うん!あのね・・・。」

RRRRR・・・。

さくら
「はい、さくらです。あっ、小狼君?うん。えっ明日一緒に学校に?うん、うん。わかったじゃあね!!」
ケロ
「なんや小僧からか?」
さくら
「うん。明日から一緒に学校行こうって!!」
ケロ
「ほぉー小僧とな・・・ってなんで小僧が出てくるんやー!!」
さくら
「小狼君こっちに戻ってきたんだよ。あと苺鈴ちゃんとエリオル君も!!」
ケロ
「なんや。みんな戻ってきたんやな。」
さくら
「うん!しかも担任は観月先生なの!!」
ケロ
「神社のねーちゃんまで戻ってきたんかー!?」
さくら
「うん。明日からの学校生活が楽しみだよー!!」
ケロ
「エリオルがおるっちゅーことはスッピーもおるんやないんか?」
さくら
「うん、多分。」
ケロ
「今度こそ勝負つけたるでー!!わいのほうが強いってこと証明したるでー!!」
さくら
「やる気まんまんだね・・・ケロちゃん。」

〜第3話・完〜

▲Page Top(T)

←Back(B)

© 2003-2006 sarasa