Diary

Wed, 06/29

ツバサ。

カラー扉がかなりいい感じ〜。ラフな格好でみんなお似合いです。こがねとかきょうもいるし。こーゆーいつもと違った感じの幸せな雰囲気が見れるイラスト大好きです。

レポーターの山崎くんは相変わらずウソ満載ですよ。プツッとか突然映像切られてるし。らしいとゆーかなんとゆーか…ですね。

レースの方は第三中継地点でちょっと無茶をした龍ちゃんに巻き込まれる形で小狼がリタイア。避けたら龍王が!って避けない小狼はさすがです。龍ちゃんも(あと知世ちゃんも!)ちゃんとそれに気付いてたんですねぇ。わかってるよ!みたいなシチュエーション結構好きなのでこの辺りのエピソードはとても好きです。

▲Page Top(T)

Wed, 06/22

ツバサ。

扉のお子様な小狼とサクラ姫がかわいい!ほのぼの〜ですなぁ。

あきらめちゃだめ!ってサクラ姫らしいですよ。そんなサクラ姫だから、モコナの不正(になるのか?)も許せちゃうよねっ(ダメ?)。

第二中継地点のドラゴンチューブでも異変が起こり、ファイはリタイアですー。う〜ん、ファイこーゆーの得意そうだと思ったんだけどなぁ。手を振るファイにうなずく小狼と自分が出来る事をやらなきゃ!なサクラ姫がいいな〜と。みんなの思いは一緒!って感じで。

▲Page Top(T)

Mon, 06/20

HOLiC。

うっわ、やっぱり写真動いちゃったよ。動いちゃったわねって登場の侑子さんが色っぽいですー。でも手にはビール(?)ってところはさすが。ラーグもんくんく飲んでるしぃ。

写真立てに封印の意味があったとはねぇ。やっぱり侑子さんはちょっと違いました。

ほとんど溶けちゃった写真立てに完全に振り向いた写真の女の人。一体どんな意味があるのでしょうか?

サークルKサンクス限定の特製クリアファイル付き劇場版HOLiC&ツバサチケットを買ってきました。

口で説明するの大変だしぃと思って CLAMP-NET.COM の該当ページをプリントアウトして行ったんですが、「これ何ですか?」と逆に聞かれた。何のチケットかを聞きたかったらしいのだが。「映画ですか?」と言われてやっと何を聞かれてるかわかったのでした。なんて答えればいいんだ?っていろいろ考えちゃいましたよ。

▲Page Top(T)

Wed, 06/15

ツバサ。

機体の翼ではじいてゲットなんて小狼格好いいですよ。黒鋼とファイは余裕ですねぇ(ファイはちょっとだけ危なかったけど)。

サクラ姫は最後の1つをゲットできるか!?ってとこですが、サクラ姫ならきっと何とかなるよって勝手に思ってます。

▲Page Top(T)

Mon, 06/13

HOLiC。

四月一日ってば封筒ぴたってされただけで驚きすぎでは?(笑) 怖がる四月一日に封筒をくっつけるラーグもおちゃめさんだなぁ。

ひまわりちゃんとの会話の中で、ひまわりちゃんと四月一日の相性の悪さを象徴するようなことが語られてますね。四月一日君と百目鬼君が仲良くなってから、もっとかもってセリフも気になります…四月一日が百目鬼を嫌いなのはアヤカシがそうさせるからだとすると、ひまわりちゃんにひかれる理由も同じだよねっと思ってたんですが、ひまわりちゃんと百目鬼と四月一日の3人が集まるとまた違った意味というか、違うことを引き起こすのかなーと思ったり。

四月一日の右目には見えないはずのものが見えてしまったようで、こちらもどーなるのか気になります。一体何の(どこの)景色なのでしょうか。

▲Page Top(T)

Fri, 06/10

劇場版公式サイトにストーリーがアップされてます。

HOLiCは結局あの話とは全然関係なかったんですね〜。古い洋館、1人ずつ消えていく…って推理小説の王道みた〜い、とか思った私は推理小説大好きだったりします。こーゆーシチュエーションってひかれるので、すごい楽しみです。

ツバサの姫君は知世ちゃんですか!日本国の知世姫も好きですし、姫な知世ちゃんってお似合いだと思うんですけど(か弱いお姫様〜って感じではなくって、強いお姫様ね)、もっと違う知世ちゃんも見たいなぁ。

▲Page Top(T)

Wed, 06/01

ツバサ。

扉。王様だー。ちょっといぢわるそうな桃矢とぶーって顔してるサクラ姫がいいなーと。2人とも可愛い♪

やっと本選スタート。サクラ姫が次々抜かれるのはお約束として、サクラ姫なら何かやってくれるんじゃないかと期待。何てったって神の愛娘(by春香)だし。

黒鋼もファイもさすがですな。予選で不正したヤツはまた何か仕掛けてくるだろうし、レースもいろいろと未知数ですが、この4人ならやってくれるはず!と安心して見てられます。でも、チェック地点のバッジってどうやって取るんでしょうね(笑)

▲Page Top(T)

© 2003-2006 sarasa