Diary

Fri, 04/29

劇場版HOLiC&ツバサの前売り券を買ってきました。

クリアカード、もうちょっと大きいものだと勝手に想像していたので、もらった瞬間コレ?と思ってしまいました。でも、とてもキレイで満足。何となく2セットゲット。

来月にはアニメイト限定でクリアファイル付き前売り券も発売されますね。しかも絵柄は2種類あるし。また2枚買えってこと?いや、どうせ買うんですけどね…

▲Page Top(T)

Wed, 04/27

ツバサ。

阪神共和国の笙悟さんそっくり。ってゆーか、そのもの(笑)

小狼は黒鋼との特訓が生きているようでさすが!です。見開きのコマがかっちょいー。

残はこの世界でもやっぱり残ですね…お美しいお嬢さんって花あげてるし。そのコマのモコナもかわいいい。

用件はやっぱりレースの不正のことのようで。自分らは犯人じゃないのか。

『劇場版ツバサ・クロニクル 鳥カゴの国の姫君』公開決定

by NEWS BOARD @ CLAMP-NET.COM

ツバサも映画化ですよ!しかもHOLiCと同時上映って。いや確かにアニメって同時上映なことが多いから、気にはなってたんですが。にしても、何でこんなに発表時期がずれたのでしょうか。謎だ…

▲Page Top(T)

Sun, 04/24

こばと(仮)。

表紙の桜餅持ったいおいお(ちょっと怖い)と扉の3色団子持ったいおいお(ほのぼの)がいい感じ。どっちも桜いっぱいピンクいっぱいでかわいーですな。

癒やさせてくださいにちょーウケた。小鳩ちゃんきらきらしすぎ。やばいってば。

藤本はピザ屋のバイトもしてるのね〜。バイクにも制服にもヘルメットにもマークが入っててかわいい!バイクの後ろっ側もイケてる。

電話の借金とりさんは清花先生のことを知っているようで。元旦那とか?勝手な予想ですが(ありがちな予想ですまん)。小鳩はどうするのかな〜。何か思いついたみたいだけど。

▲Page Top(T)

Wed, 04/13

ツバサ。

扉の鈴蘭ちゃんをちょっと心配そうに見守る蒼石様が初々しい感じでいいですー。幸せそうなお二人さ〜ん。

キラキラしてました!なサクラ姫がかわいいです。コブシを握ったりという姿がちょっとCCっぽいですね。モコナはとっても楽しそうですが、小狼はまた大変だぁ。でも、なぜお酒を入れるのだ?モコナよ。

小狼の服の裾を引っ張るサクラ姫がいい感じ。寝顔もとっても幸せそうですね!

▲Page Top(T)

Sun, 04/10

マガジンワンダー買ってきました。

オリジナルをあまり知らないのですが(アニメとか少し見てた程度)、モコナのデンプシー・ロールがかわいかったです。対戦相手が飛王なのも、なかなかレア(?)な感じでいいですね。本編では重なり合わない2人(?)なので。

森川先生の小狼とモコナが見れたのもお得でした。

▲Page Top(T)

Sat, 04/09

喜怒哀楽 新作イラストレーション発表会に行ってきました。

美術館へはトークショーのときと同じくらいの時間に着きました。整理番号もほぼ同じ。

始まるまでどんな内容か全然わからず、一体何が始まるんだろう?とドキドキでした。始まってみれば、もこなさん絵付け、CLAMPさんコーディネイトの4枚の着物(テーマは喜怒哀楽)のファッションショー&CLAMPさん本人による解説だった訳で。初めはビックリしてちょっとポカーンって感じだったんですが、こーゆーのを見れる機会ってないと思うので、かなり楽しませてもらいました。

面白いもの見せてもらったな〜、CLAMPさんってやっぱすごいな〜というのが感想です。

▲Page Top(T)

Wed, 04/06

ツバサ。

表紙がすごいかわいー♪ゴーグルとかの小物が結構好きだったりします。

知世ちゃん冷静ですね。突然みんなが落ちた原因はあの光にあるようですが、一体誰があんなことをしたのでしょうか?でも、あのことがなければサクラ姫は予選通過できなかった訳で、ちょっと気になりますね。

番外編は眼鏡と蝶ネクタイ付けて、虫眼鏡持ってるモコナがかわいかったですー。あと何にでも感心してるサクラ姫、かわいすぎ。

キャラクター人気投票、5位までは私的には納得です。6位に星史郎さんが入ってるのがなんとも。さすがってところでしょうか。

▲Page Top(T)

Mon, 04/04

HOLiC。

扉のマルとモロがかわいー♪モロの着物の方がシンプルで好きかな〜。でも、マルの髪の蝶々もかわいいのです。

四月一日がゴマ(?)擂って何を作ろうとしてたのかが気になっちゃいました(笑)

鳥かごと鳥がCLOVERちっく。CLOVER好きなのでこんなところにもモチーフが使われるとうれしいです。

侑子さんのお使いって結局怪しいし。四月一日も大変だー。しかも、四月一日ってばやっぱりある方面には有名なのね。

▲Page Top(T)

© 2003-2006 sarasa