ユニオンて何?

職場で困ったときに、一人ででも加入できる労働組合です

今の日本では、中小零細企業で働く人のほとんどが、職場に労働組合
のない人たちです。またパート・派遣など、非正社員の身分で働く人
の大半も、労働組合に入っていない人たちです。もはや労働組合は必要
ないのでしょうか?

とんでもないことです。それどころか、経営者の横暴にあって解雇さ
れたり、賃金をカットされたり、ひどい仕事を強いられたり、差別や
いじめに苦しめられている人は後を絶ちません。
雇用や生活への不安は広がるばかりです。
 神戸ワーカーズユニオンは、このような方達のために、
職場に労働組合がなくとも、個人でも、一人からでも加入できる、
地域を基盤とした労働組合なのです。



正社員でなくても、労働者であれば誰でも加入できる
労働組合です

今日、正社員と呼ばれる労働者は、だんだんと少なくなって来て
います。

その代わりに、パート・臨時・契約・派遣・登録・嘱託など、
一つの職場でも様々な雇用形態が増えて来ています。

しかし雇用される形態や名称は違っていても、労働者として本来
持つ権利は正社員と同じです。また性別や国籍などによって差別
されるものでもありません。

ユニオンは、労働者であれば、外国人でも失業中の人でも、
誰でも加入することのできる労働組合です。

また職場に労働組合があっても、その組合に加入でき
なかったり、労働者の権利を守ってくれないような場合、
個人でユニオンに加入することもできます。




企業の枠にとらわれず、地域とのつながりに力を求める労働組合です

日本の従来からの労働組合は、主に企業別に作られて来ました。そしてそこから産業別 や地域の連合へと発展してきた歴史があります。組織が大きくなり、団結の力が発揮され、春闘などでの賃上げ成果が上がった時代もありました。
 しかしその陰で、大企業の労働組合の意向に左右され、運動の方向が多くの中小企業労働者の切実な要求とはかけ離れてしまった事は否定できません。また パートや臨時など、正社員以外の労働者の多くが、労働組合へ加入することができなかったことも事実です。
 これに対して神戸ワーカーズユニオンは、業種や企業の枠を超えて、同じ地域で活動する労働組合同士が連帯してきた「地域共闘」という基盤の上に、これま で労働組合に入ることのできなかった人たちのために結成された労働組合です。たとえ企業内では少数派で、職場の力関係では労使対等ではないにしても、ユニ オンでは地域から企業の外から組合員の力を集め、それによって一人一人の弱さを補っていくことができるのです。



様々な人や団体が協力してくれる労働組合です

神戸ワーカーズ ユニオンは地域型の労働組合ですから、労働問題が解決したり、職場が 変わったりしても、組合員としての資格が変わることはありません。そのままユニオンでの活動を続けて行くことができます。
 問題の起きた職場に残った人は、職場の仲間との人間関係を大切にしながら、また起きるかもしれない労働問題に備えて、組合活動を続けることが大切です。 ユニオンは、そのような職場での仲間づくりのための協力や、予測される問題の解決に向けた活動を支えています。
 他の職場での行動の応援に駆けつけることや、自分の体験や知識などを交換しあうことによって、お互いに助け合うことができます。相互の団結と連帯が、私 たちユニオンを支えているのです。