比較の慣用表現【高校英語】


info_top
高校英語の得点力アップには英文法の基礎をチェック

比較の慣用表現【高校英語】


ネコ
比較の慣用表現か・・・たくさんあるんだろうね。

フラミンゴ先生
たくさんありますよ。

原級を含む慣用表現

as+原級+as possible = as+原級+as one can / できるだけ〜
not so much A as B / AというよりむしろB (not so much as+動詞 / 〜さえしない)

比較級を含む慣用表現

比較級+and+比較級 / ますます〜
比較級が[more+原級]の形の場合は、[more and more+原級]になる。
the+比較級 〜, the+比較級… / 〜すればするほど…
(all) the+比較級+for(because) 〜 / 〜だからよりいっそう…
for の後は句、because の後は節がくる。
none the less for(because) 〜 / 〜だがやはり…

no more(less) than+数詞 / 〜しか(〜も)
話し手の主観を表す言い方ですね。
数は数詞で表す数字どおりですが、
それを少ないと思えば more を使い、多いと思えば less を使います。
not more(less) than+数詞 / せいぜい〜(少なくとも〜)
数は数詞で表す数字以下(以上)を表します。

A is no more B than C is D / AがBでないのはCがDでないのと同じだ
A is no less B than C is D / AがBなのはCがDなのと同じだ
BとDが同じならDは省略しますね。俗に「鯨の公式」と呼ばれるパターンです。

than の代わりに to をつかう比較

語尾が[-or]で終わる比較の意味を含む形容詞のときは
than の代わりに to を使って比較します。
ラテン語系の比較と言われています。
senior(年上の) / junior(年下の) / superior(優れている) / inferior(劣っている)





その他の比較表現へ進む
同一人物中の比較へ戻る
大学入試英語トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



menu

この改行は必要br→