info_top
中学英語の定期テスト対策はこれでバッチリ?

To Fly Or Not To Fly


鳥の世界というドキュメンタリのDVDを購入し、
日々鳥の生態について学んでいる(?)わけなんですが、
10巻セットで、その第1巻のタイトルが To Fly Or Not To Fly となっております。

さて、このタイトルの意味するところはなんなのでしょうか?

第1巻の内容は
鳥というのはもともとは爬虫類が進化して生まれたもので、
それは鳥の足を見れば、うろこで覆われていることからも分かります。
で、鳥の特徴である羽(羽毛)は何かというと、これもまたうろこが変化したものなのです。
ではなぜうろこが羽毛になって、飛べるようになったのかというと
やはりその最大の理由は敵から逃げるためなのです。
いったん空に飛んでしまうと、敵は捕まえることができません。
さらに空に飛ぶということは、海をこえることができるということであり、
ということは敵のいない孤島に行くことも可能なわけです。
ちなみに飛ぶというのはものすごくエネルギーを消耗するので
なるべくなら鳥は飛びたくないのです。
しかし、敵から逃げるためにはやむをえないので飛んでいるのですが、
敵のいない孤島ではその必要がなくなりました。
そこで、例えばニュージーランドに住むキウイという鳥のように
飛ばない鳥も出てきたのです。
そのほかにも敵から逃げるために飛ぶのではなく
走る速さをあげた鳥(ダチョウ)もいたり・・・・・・というような内容です。

で、このDVDにはオリジナル版(日本語字幕付き)と
かつてNHKで放送されたときの吹き替え版の2つが収録されているのですが、
その吹き替え版のほうのタイトルは「飛ぶべきか飛ばざるべきか」となっています。

で、ここからいよいよ英語の話ですが
To Fly Or Not To Fly というタイトルについて、
小説をよく読む人はある小説の台詞に似通っていることに気付くかもしれません。

To be or not to be, that is the question.
これはシェイクスピアのハムレットの台詞ですが、非常に似通っています。
おそらく、いや間違いなくDVDのタイトルはこのハムレットの台詞を意識しているでしょう。
で、このハムレットの台詞は一般的に
「生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ」となっています。

NHKの吹き替え版のタイトル「飛ぶべきか飛ばざるべきか」も
そのハムレットの台詞の訳に倣っていると思われます。

ではなぜそのような訳になるのかですが、
To Fly は当然不定詞です。
不定詞と動名詞を使い分けるときのポイントでもありますが、
基本的に不定詞の意味は未来的なものを含んでいます。
(動名詞は今起こっていること、もしくは以前に起こったこと)

ということで To Fly Or Not To Fly
鳥が爬虫類から進化しはじめる時点からみて、先々どうして「飛ぶ」ようになったのか
また敵のいない孤島に降り立った鳥が先々どうして「飛ばない」ようになったのか
という視点でのタイトルであるといえるでしょう。

この巻タイトルに不定詞が使われていることから
単に「飛ぶ鳥 = Flying birds」「飛ばない鳥 = Not flying birds」

の紹介DVDではないことが分かるんじゃないでしょうか。


BBC ライフ・オブ・バーズ/鳥の世界 DVD-BOX
世界的動物学者デイビッド・アッテンボローが、世界中に生息する鳥たちの真の姿を長期間にわたり徹底的に追究し完成させた画期的作品「ライフ・オブ・バーズ/鳥の世界」。




箸の使い方へ進む
ファイナル・デスティネーションへ戻る
ネコでも解ける、中学英語トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→