info_top
中学英語の定期テスト対策はこれでバッチリ?

それぞれの教科書による不定詞の扱い


教科書によって履修する順序が異なることがある。
特にこの「不定詞」に関してはそれが大きい。

「サンシャイン」(開隆堂)では「不定詞の名詞的用法→副詞的用法→形容詞的用法」→「動名詞」。
「NEW CROWN」(三省堂)も「不定詞→動名詞」。
「ONE WORLD」(教育出版)では「動名詞」をやってから「不定詞」を学ぶ。
「TOTAL ENGLISH」(学校図書)も「動名詞→不定詞」。

その中で最大手「東京書籍」の「ニューホライズン」は毛色が違う。
まず不定詞の「副詞的用法」→「名詞的用法」の順序になっている。
しかも「名詞的用法」も何の説明もなく「want to 〜」から入り、
その後の「like to 〜」「hope to 〜」で「〜すること」と説明がある。

しかし、不定詞の名詞的用法を
want to 〜
like to 〜
hope to 〜
などとやってしまうと、主格になる不定詞(To play tennis is fun.)が理解できない。

そこで「ニューホライズン」は「主格になる不定詞」を後回しにして先に動名詞をしている。
その動名詞の用法で「目的語になる用法」と「主語になる用法」をやって
それぞれ「不定詞の名詞的用法」に書きかえられる、と教えることにより
主格になる不定詞の名詞的用法を学ばせているのだ。

しかも、不定詞と動名詞の間に「助動詞」や「接続詞」をはさみ、
不定詞のことをちょっと忘れかけたかな? というころを見計らって「動名詞」に入り、
それが不定詞の復習を兼ねていたりもする。

さらに不定詞の「形容詞的用法」は3年生にまわされており、
また間をあけて、ちょうど忘れかけた頃の復習のようになっている。

固めてやるのがよいか? 間をあけてやるのがよいか?
賛否両論あると思いますが、「ニューホライズン」は
かなり考えられている教科書であるのは間違いなさそうです。





『英語に関する考察』関連ページ
下線部をたずねる文
アイマイミーマインという呪文
三単現のsの考察
ネコでも解ける、中学英語トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→