info_top
中学英語の定期テスト対策はこれでバッチリ?

It ・・・[for 人] to 〜.の文


【It ・・・ [for 人] to 〜 . = [人にとって] 〜することは・・・です】

1 To study English  is fun.  「英語を勉強することは楽しい」
    ↑
  (主語)

2 It is fun  to study English. 「英語を勉強することは楽しい」
   ↑ ↑
(形式主語)(本当の主語)

3 It is fun  for me  to study English. 「私にとって英語を勉強することは楽しい」
   ↑↑    ↑
(形式主語)   (不定詞の意味上の主語)(本当の主語)

It は形式主語のため、「それは」とは訳さない。
for のあとの代名詞は(〜を、〜に)の形[ me, him, her など] にする。


フラミンゴ先生
『英語を勉強することは楽しい』という文章の主語は、『英語を勉強すること』になるのは大丈夫?
不定詞の名詞的用法の主語になる用法ですね。それが@です。
で、それだとどうしても主語が長くなりがちなので、[ It ]で主語を代用することが多くなります。
その[ It ]を形式主語と言い、本当の主語は後ろに置かれます。それがAです。
不定詞の前に[ for 人 ] を置いて、不定詞の意味上の主語を表すこともあります。それがBです。
この例文で言えば[ study English / 英語を勉強する] のは[ for me / 私] だということです。

ネコ
え? なんですか? 
形式主語? 本当の主語? 不定詞の意味上の主語?

フラミンゴ先生
えっと・・・うーんと・・・じゃぁ、さっきの説明は忘れてもらって、Bの英文に注目しましょう。
It is fun for me to study English.
It is fun で「楽しいなぁ」って感じです。for me で「私にとって」ですね。
to study English で「英語を勉強することは」と、ブロックごとに覚えよう。

当然「つらいなぁ」なら緑字It is hard だし、「彼にとって」なら青字for him だし、
「早く起きることは」なら赤字to get up early になりますね。

ネコ
ふむふむ。それぞれのブロックを変化させることによって
色々なパターンの文が出来上がるわけですね。
なんか昔やった「いつ・だれが・どこで・何をした」のゲームみたいだね。

フラミンゴ先生
なつかしいね。せっかくなんでやってみようか。
緑・青・赤でそれぞれ1〜4までの数字を心の中で決めてちょうだい。

ネコ
緑3青1赤2」でいこうかなぁ。( ← 心の中)

フラミンゴ先生

1 It is 感動的
1 for ヒロシ
1 to 夜景を見る
2 It is 恥ずかしい
2 for 20代の女性
2 to おならをする
3 It is チョー気持ちいい
3 for 北島康介
3 to 金メダルをとる
4 It is こわい
4 for 小学生の男の子
4 to 川を飛び越える

ネコ
It is チョー気持ちいい for ヒロシ to おならをする・・・そうか、ヒロシは下品だからな・・・
まぁ、例文はともかく、[ It ・・・ [for 人] to 〜 .] のイメージは なんとなくつかめたかな。





『不定詞』関連ページ
不定詞の副詞的用法
不定詞の名詞的用法
不定詞の形容詞的用法
不定詞の副詞的用法(原因)
Eメールを交換するために・・・
疑問詞+不定詞
未来(be going to)』へ
ネコでも解ける、中学英語トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→