info_top
中学英語の定期テスト対策はこれでバッチリ?

can may must の意味のかぶり方


can

意味「〜することができる」「〜してもよい」否定形「〜できない」「〜してはいけない

may

意味「〜してもよい」「〜かもしれない」  否定形「〜してはいけない」「〜でないかもしれない」

must

意味「〜しなければならない」「〜にちがいない」  否定形「〜してはいけない

ネコ
??? なんで違う単語なのに同じ意味になったりするの?
というか、どうやって使い分けるの?

フラミンゴ先生
まずは can と may の「〜してもよい」をみていきましょう。
わかりやすいのは may かな? そのまんま「〜してもよい」っていう『許可』を表わしますね。
【例文】 May I ride your motorcycle? 「あなたのオートバイにのってもいい?」
それに対して can は「〜することができる」を当てはめて考えるといいですね。
【例文】 Can I ride your motorcycle? 「あなたのオートバイに(私が)のることってできる?」

ネコ
「あなたのオートバイにのってもいいですか?」と
「あなたのオートバイに(私が)のることってできる?」かぁ・・・言いたいことはだいたい同じだね。
ちょっと can を使ったほうが軽い感じかな?

フラミンゴ先生
そうですね。
だから目上の人に『許可』をお願いするときは May I 〜 ? を使いますね。
Can I 〜? でお願いするのは少し前までは正式な言い方じゃなかったんだけど、
友達同士の会話で使うのは今では普通だそうですよ。

ネコ
ふーん。なるほどね。

フラミンゴ先生
次は can may must の否定形「〜してはいけない」をみていきましょう。
でも、can と may に関してはさっきの話でほとんど大丈夫でしょ?

You can't ride my motorcycle.
オレのバイクにのることはできないよ(のせられないよ)。[可能性の否定]
You may not ride my motorcycle.
オレのバイクにのってはいけません。[不許可]

ネコ
「バイクにのせられない」と
「バイクにのることは許可しない」かぁ・・・まぁだいたい同じような意味かなぁ。
でも普通、「〜してはいけない」と言ったら「〜するのは許可しない」なので
may を使うのが普通なんだろうね。
あ、でも must の否定形「〜してはいけない」は何なんだ?

フラミンゴ先生
must の否定形「〜してはいけない」は命令です。
You must not ride my motorcycle. / オレのバイクにのるなよ。[否定の命令]
だから Don't ride my motorcycle. と、命令文に書きかえることができますね。

ネコ
「バイクにのることは許可しない」と
「バイクにのるな」かぁ・・・なるほどね。ニュアンスが全然違うね。





『助動詞』関連ページ
Yes, we can.
must と have to
have to と want to
will と be going to
お願いの表現
Your cat is under the desk.
感嘆文』へ
ネコでも解ける、中学英語トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→