info_top
中学英語の定期テスト対策はこれでバッチリ?

原級を使う比較


【原級を使った比較】

as+原級(もとの形)+as・・・ = 「・・・と同じくらい〜」
not as+原級(もとの形)+as・・・ = 「・・・ほど〜ではない」
I can run as fast as Aya. / わたしはアヤと同じくらい速く走ることができます。
I can not run as fast as Aya. / わたしはアヤほど速く走ることができません。

フラミンゴ先生
??? え・・・っと・・・原級を使う比較を ↑ こんな風に習ったの?

ネコ
はい、as と as で形容詞や副詞を挟むって習いました。
サンドイッチ方式だって言ってました。

フラミンゴ先生
うーむ・・・まぁ、それで問題が解けるのならいいんだけど
とりあえずやってみましょうか・・・

問 あなたは二コール・キッドマンと同じくらい美しいです。
   (Nicole Kidman / as /are / as / beautiful / you / . )

ネコ
「ニコール・キッドマンと同じくらい」だから Nicole Kidman を最後にして、
「同じくらい美しい」ということは、beautiful を as と as で挟むんだから、as beautiful as になって、
英語の文は「主語+動詞」で始めるから、You are から始めるってことは・・・
You are as beautiful as Nicole Kidman. できた〜。

フラミンゴ先生
ふむ、確かにできているね。
では次の問題に挑戦してみよう。

問 わたしは母と同じくらい早く起きました。
   (as / mother / early / got / I / my / up / as / . )

ネコ
「母と同じくらい」だから my mother を最後にして、
「同じくらい早く」ということは、early を as と as で挟むんだから、as early as になって、
英語の文は「主語+動詞」で始めるから、I got up から始めるってことは・・・
I got up as early as my mother. できた〜。

フラミンゴ先生
ふむ、確かにできているね。
では次の問題に挑戦してみよう。

問 わたしはあなたと同じくらいの数の本を持っています。
   (I / as / as / have / books / you / many / . )

ネコ
「あなたと同じくらい」だから you を最後にして、
「同じくらいの数」ということは、many を as と as で挟むんだから、as many as になって、
英語の文は「主語+動詞」で始めるから、I have から始めるってことは・・・
I have as many as you. できた〜・・・あれ? books はどうしたらいいんだろう?
あ、そうか普通に考えたらいいんだ。 I have books as many as you.

フラミンゴ先生
違いますよ。
正解は I have as many books as you. です。

ネコ
え? 何が違うの? ああ・・・books の位置が違うんだね。
でも as と as で形容詞か副詞を挟んで、
そのことについて後にくる語句と「同じ」ってなるんだったら as many as にならないといけない・・・
いや、今回の問題は many books について「同じ」ってなるのだから、これでいいのか・・・
うーん、わけが分からなくなってきました。

フラミンゴ先生
そもそも as と as で挟むという考え方がちょっと変なんですね。
まず2つある as のうち、前にある方の as は「副詞」なので「形容詞」か「副詞」を修飾します。
だから、as many となりますよね。
後ろにあるほうの as は「接続詞」なので、その後には文が続きますが、
前半の文と繰り返しになるような部分は省略されます。
だから as you have many books → as you ですね。

ネコ
I have many books と you have many books で、「同じ many」だから as many ・・・
I have as many books ・・・
そして接続詞の as で文をつなぐ・・・
I have as many books as you have many books. で、
前半の文と繰り返しになるような部分は省略・・・
I have as many books as you. できたけど・・・めちゃめちゃややこしくない?
副詞のas とか接続詞の as とかって、いったい何? これ本当に中学の問題なの?

フラミンゴ先生
そりゃそう・・・あ・・・いや、・・・「高校」の問題でした・・・
でも、「中学」の問題でも同じようなやつは・・・・・・ないですね。

ネコ
じゃあ、サンドイッチ方式で覚えておいていいですね。

フラミンゴ先生
うーん・・・副詞のas とか接続詞の as とかって、そんなに難しい?
あ、そうなの・・・難しいのね・・・ふむ、困ったね・・・
じゃ、今は取りあえずその「サンドイッチ方式」でいいから、
高校に入ったらまたあらためてやり直そうね。

ここを丁寧にやっておくことは
「so+形容詞+a+名詞」「such+a+形容詞+名詞」にもつながるので丁寧にしたいところだが、
逆にそこにつながってしまい収拾がつかなくなるからこそ、丁寧にできないのだろうか・・・うーむ





『比較』関連ページ
これはあれより・・・
summer は比較級ではない
ofを使うか? inを使うか? それとも・・・
Which do you like better, A or B?
There is(are) 〜. の文』へ
ネコでも解ける、中学英語トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→