info_top
中学英語の定期テスト対策はこれでバッチリ?

be動詞の過去形(前編)


【be動詞の過去形について】

be動詞の過去形waswere の2つがある。
am と is の過去形が was で、 are の過去形が were なる。

フラミンゴ先生
「アム」と「ワズ」、「イズ」と「ワズ」は似ているでしょ。「アー」と「ワー」も似ているでしょ。
それで区別を付けたらいいよ。

じゃ、練習してみましょう。
まず You are a baseball player. を過去の文にしてみましょう。

ネコ
できました。
You were a baseball player.

フラミンゴ先生
はい、オッケー。
では、次に「疑問文」と「否定文」の作り方です。これは前にやったことの復習になります。
be動詞の疑問文は「be動詞を主語の前に出す」、答えるときは「be動詞で答える」
否定文は「be動詞の後ろに not をつける」でしたね。

じゃ、練習です。
He was a baseball player. を疑問文にして、
さらに「はい」と「いいえ」で答えてみましょう。
それができたら否定文にもしてみましょう。

ネコ
できました。
Was he a baseball player?
-Yes, he was. / No, he wasn't.
He was not a baseball player.

めっちゃ、簡単です。余裕ですね。

フラミンゴ先生
では、練習問題。
次の問にあなた自身の答えを3語以上の英文で書きなさい。
(1)Were you in the library last Saturday?
(2)Were you busy yesterday?
(3)Where were you at 7:00 yesterday?


この後飛び出す解答は・・・「be動詞の過去形(後編)」へ続く・・・





『過去の文』関連ページ
be動詞の過去形(後編)
過去の文の疑問文・否定文
過去だからといって何でもedつけたら良いのではない
washed は be動詞ではない
be動詞の疑問文には、be動詞を使って答える
進行形』へ
ネコでも解ける、中学英語トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→