info_top
中学英語の定期テスト対策はこれでバッチリ?

「は」をbe動詞とする悪魔の方法


次の日本語の文を英語に直しなさい。
「カナダは私の国です」

ネコ
(自信満々に)
Canada my country.

と、してしまった理由ですが、
英語の大前提である、英文には動詞が必要ということを伝えていなかったことが原因です。

しかし、今回の定期テストの範囲には「一般動詞」が含まれていませんでした。
普通「動詞」というと『遊ぶ』とか『歌う』などの一般動詞が頭に浮かぶでしょう。
その一般動詞をやっていない段階で、
英文には動詞が必要なので be動詞が・・・とするのは混乱のもと? と考え、
あえて動詞の話をしなかったというのが本当です。

次善の策として am / are / is の意味が「〜です」であると認識させる方法があります。
それだと「カナダは私の国です。」なので、be動詞を忘れる可能性が減ります・・・が、
これも「be動詞のパラドックス」があり、積極的に行いたくはない方法です。

さて、そこである先生が
とんでもない方法を編み出しました。

カナダ私の国です」の」が be動詞である、というものです。

まさに悪魔の方法。賛否両論あるかもしれません。
こんな覚え方をすると「私はテニスをします」は「I am play tennis.」になるでしょう。

しかし、この悪魔の方法は今回のテストに限って考えると
大きなメリットがあります。
1つ目は be動詞を忘れない。というものです。
2つ目は日本語の順番に単語を並べるだけで英文が完成する。というものです。

しかもよくよく考えると
5+3=8(5たす3は8)を英語で書くと5 plus 3 is 8. となります。
「カナダは私の国です」の「は」が「=」であると考える(?)のなら理屈にかなっている・・・?

とはいえやはり I am play tennis. の危険性があるので
この悪魔の方法の使い方には細心の注意が必要でしょう。
1・理解ができていない(物覚えの悪い?)人に使用する。
2・テスト直前に使用する。

万が一上記の2点を守らずに使用した場合、
物覚えの良い人に使用したり、テスト1週間以上前に使用したりして
悪魔の方法が身についてしまった場合は、その人の英語人生が崩壊してしまう可能性があります。

まぁ何が言いたいかといいますと

フラミンゴ先生
定期テストTの範囲を「be動詞」で終わらすんじゃなく、
もうちょっと頑張って「一般動詞」も入れた方がいいんじゃなかろうか

という、心のつぶやきでありました。





『be動詞』関連ページ
this と that の見分け方
「カナダは私の国です」を英語にしなさい
be動詞の疑問文と答え方
主語を簡単に見つけ出す方法
be動詞をどのように理解させればよいのか?
代名詞』へ
ネコでも解ける、中学英語トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→